15作目『沈黙の15分』から

劇場版『名探偵コナン』シリーズ
を手がけるアニメ監督
静野孔文
しずのこうぶん(答)
38%

次のアニメ『名探偵コナン』の
劇場映画を、公開された順に
選びなさい
『水平線上の陰謀』
『探偵たちの鎮魂歌』
『紺碧の棺』
『戦慄の楽譜』
『漆黒の追跡者』
『天空の難破船』
『沈黙の15分』
30%


次の劇場版『名探偵コナン』の
サブタイトルを
◯に当てはまる数字が
大きい順に選びなさい
『沈黙の◯分』15
『◯番目の標的』14
『◯人目のストライカー』11
42%
引用元:楽譜、追跡者、15分 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/55627/

静野 孔文(しずの こうぶん、1972年9月2日 – )は、日本の映画監督、アニメ監督、演出家。東京都出身。kry株式会社所属。

​劇場版『名探偵コナン』の15作目『沈黙の15分』(2011年)の監督に抜擢され、同作は日本アカデミー賞優秀アニメーション賞に選出された。以降、同シリーズの監督を継続して担当し、『絶海の探偵』(2013年)、『異次元の狙撃手』(2014年)、『業火の向日葵』(2015年)、『純黒の悪夢』(2016年)、『から紅の恋歌』(2017年)と連続してシリーズの歴代最高興行収入が更新された。『から紅の恋歌』(2017年)では、2017年邦画興行収入1位を獲得した。

2017年に公開されたゴジラシリーズ第30作『GODZILLA 怪獣惑星』では瀬下寛之と共同で監督を務めたが、オファーされた当時はゴジラのことを名前ぐらいしか知らなかったという[2]。
引用元:静野孔文 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%99%E9%87%8E%E5%AD%94%E6%96%87

「劇場版コナン」の監督を務めるにあたっては,もう1つ大きな苦労があったという。それはシナリオだ。

 シナリオの方向性そのもの(「ミステリ色が強め」「ラブストーリーにする」など)は,プロデューサーから示されるので問題はない。2017年4月公開予定の「名探偵コナン から紅の恋歌」では,シナリオを担当する大倉崇裕氏が「とても素晴らしい脚本を作ってくれた」という。
 しかしながら,「から紅の恋歌」の場合,書き上がったシナリオが量的に膨大だった(過去最大の長さだったそうだ)。そのため,いかにしてこの物語を映画の尺に収めるのか,という問題が発生する。これに加えて,アニメだから得意な表現もあれば,アニメでは難しい表現もあるので,シナリオの良さを最大限に活かすにあたっての取捨選択はとても困難だったという。
引用元:劇場版「名探偵コナン」の静野孔文監督が考える“アニメの監督”とは。その一風変わった経歴と作品への取り組みが語られた講演をレポート – 4Gamer.net https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20170327082/