映画オリジナルキャラ

1992年に公開されたディズニーの
アニメ映画『美女と野獣』で
主人公のベルを妻にしようとして
陰謀を巡らす人物は?
プロトン
クーザク
ゴラテル
ガストン(答)
40%

連想
愛の芽生え
夜襲の歌
強いぞ、ガストン
人間に戻りたい
『美女と野獣』(答)


恋してるなんて言えない
最後の夢
ゴー・ザ・ディスタンス
ゼロ・トゥ・ヒーロー
『美女と野獣』
『ヘラクレス』(答)
『おしゃれキャット』
『リトル・マーメイド』
52%

ディズニー映画『美女と野獣』に
登場する城の執事
コグスワース(答)
18%

引用元:コグスワース | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/47088/

『美女と野獣』(びじょとやじゅう、原題: Beauty and the Beast )は、フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品である。日本での公開は1992年9月23日。また、2002年にはIMAXシアター向けに同作品を作り直して上映、2010年にはディズニーデジタル3-D版が上映された。続編に『美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント』、『美女と野獣 ベルのファンタジーワールド』がある。

主要キャラクター
ベル (Belle)
本作の主人公。容姿も心ばせも美しい娘。読書と空想が大好きで、町の人からは風変わりで謎めいた娘だと思われている。
父モーリスが野獣の城で捕らえられ、父の身代わりとして自分が城で暮らすことを決める。そして短気で我がままで乱暴だが根は優しい野獣と次第に心を通わせ、結ばれる。「ベル」とはフランス語で「美しい」という意味。ディズニープリンセスの一人。

野獣 / アダム (Beast / Adam)
村の外れの森に立つ古城の主。人を見かけで判断し、冷たく振舞う傲慢な性格ゆえに、老婆を装って宿を求めた魔女の手で罰として呪いをかけられ、醜い野獣の姿となってしまった。本来の顔は非常に美形。魔女から貰った魔法のバラがすべて散るまでに「真実の愛」を学ばなければ人間の姿に戻ることができない。絶望のうちに日々を送っていたが、ある日偶然捕えたモーリスの身代わりとなったベルと城で過ごすうちに人間らしい感情と優しさを取り戻していき、最後はベルの愛により呪いから解き放たれて元の姿に戻り、ベルと結ばれる。
イノシシ、クマ、オオカミ、ウシなどの動物を融合させたデザインになっている。

ガストン (Gaston)
本作のディズニー・ヴィランズ(ディズニー作品の悪役キャラクター)。ベルが住む町の英雄。狩りの名人で女性にも人気がある。一見陽気で気さくな性格で見た目はハンサムだが、実際は怪力と銃の腕だけが自慢の自惚れ屋で、内面は野獣そのもの。ベルの美貌に惚れ込んでおり妻にしたいと思っているが、無作法かつ粗野な振る舞いと性格の悪さから当の本人には毛嫌いされている。ベルを我が物にしようと陰謀を巡らし、ベルと懇意にある野獣を殺すべく村人を扇動して野獣の城へ攻め込み、野獣を亡き者にしようとするが反撃に遭い、命乞いの振りをして騙し討ちにした拍子に塔から転落死する。
引用元:美女と野獣 (1991年の映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E5%A5%B3%E3%81%A8%E9%87%8E%E7%8D%A3_(1991%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)