【無重力】

「週刊少年ジャンプ」で
2019年12月より連載を開始した
宇宙飛行士を主人公とする漫画は
『◯◯◯◯◯◯◯◯ BOYS』?
IVAAYTRG
AGRAVITY(答)
16%

agravityとは
無重力; 無重力状態
引用元:agravityの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書 https://ejje.weblio.jp/content/agravity

AGRAVITY BOYSとは、汚い彼方のアストラ中村充志による漫画作品である。

概要
週刊少年ジャンプにて2020年2号(2019年12月19日発売)より連載中。

ジャンプ+に掲載された読み切り「ジェナダイバージョン3to1」が前身にあたる。

およそ100年後の未来を舞台とするSF作品。地球型惑星:α・ジャンブローへの入植の先駆けとして、調査計画“プロジェクト・ヘルメス”に抜擢された4人の少年たちを主人公としている。

彼らの旅が始まったわずか2日後核戦争の知らせが舞い込み、次の日にはその状況を飲み込めぬまま彼らはブラックホールへと飲み込まれ――そして、次の瞬間目の前にしたのは青く悠然と輝く目的の星。かくして“冷凍睡眠装置”を使用し20年をかけて向かう予定だった計画のわずか3日目に、彼らはちょっとした合宿くらいの感覚で未開の星へ降り立つこととなったのであった……。
引用元:AGRAVITY BOYSとは (アグラビティボーイズとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/agravity%20boys

中村 充志(なかむら あつし)は、日本の漫画家。

経歴[編集]
第2回ストキン炎にて、「ニュルンベルクの川下り」でネーム部門最終候補。『赤マルジャンプ』2009SUMMERに掲載された「代打中島」でデビュー。

『週刊少年ジャンプ』2013年4・5合併号に「クロクロク」を掲載。『週刊少年ジャンプ』2013年35号から52号まで初連載「クロクロク」を連載。

AGRAVITY BOYS – 『週刊少年ジャンプ』2020年2号 – 連載中
引用元:中村充志 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%85%85%E5%BF%97