【エース】成恵の世界、デッドマン・ワンダーランドほか

次の漫画を
連載された雑誌ごとに
グループ分けしなさい
【月刊少年エース】成恵の世界、ケロロ軍曹、デッドマン・ワンダーランド
【月刊少年ガンガン】鋼の錬金術師、ながされて藍蘭島
48%

037sDXynPibIT
アニメ『成恵の世界』に登場する
惑星日本監察庁の監察官は?
鈴メル木テーッサイ
テイルメッサー鈴木(答)
引用元:テイルメッサー鈴木 『成恵の世界』に登場する監察官 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/612/

『成恵の世界』(なるえのせかい、英: The World of Narue)は、丸川トモヒロによる日本の漫画作品。『月刊少年エース』(角川書店)1999年6月号から2013年2月号まで連載された。全13巻。及び、これを原作としたラジオドラマ作品並びにテレビアニメ作品。

本項目では、本作の劇中劇であり、後にスピンオフ作品として漫画化され、『ヤングエース』2014年5月号から2018年12月号まで連載された『魔砲少女四号ちゃん』(まほうしょうじょよんごうちゃん)についても併せて解説する。

概要[編集]
『月刊少年エース』(角川書店)にて1999年6月号に読切作品として掲載。その同年の同誌9月号に再び読切として掲載され、12月号より実質的な連載昇格[1]となる。作者にとっては初の本格的な長期連載作品である。単行本は全13巻で、サブタイトルは連載時には公表せず、単行本にて公表している。例外として数ページ話の場合はサブタイトルを公表している。

作品タイトルはA・E・ヴァン・ヴォークトの『非Aの世界』(原題“The World of Null-A”に基づき、邦題は「なるえーのせかい」と読む)から取られている[2]。
引用元:成恵の世界 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E6%81%B5%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C

『月刊少年エース』(げっかんしょうねんエース)は、株式会社KADOKAWA(以前は株式会社角川書店が発行、ブランドカンパニー化以後は角川書店BCが編集企画)が1994年(平成6年)より発行している月刊漫画雑誌。2015年7月号以降はコミック&キャラクター局が企画編集を行っている。発売日は毎月26日。略称は「エース」。

少年エースは、発売日の2か月後を号数としている(例:少年エース2010年3月号は2010年1月26日に発売)。

雑誌としての傾向[編集]
アニメやライトノベルとのタイアップ作品が多いため、角川書店発行の雑誌らしく一般的な少年誌よりもサブカル色が強めである。かつては『新世紀エヴァンゲリオン』や『多重人格探偵サイコ』等のヒットで高年齢層向けのメディアミックスの要素が強い雑誌として見られていた。その後姉妹誌として『ヤングエース』を創刊し、高年齢層向けの作品の連載がそちらに移行した。 また、付録としてキャラクターカレンダーやストラップ・マウスパッドなどの小物が付いてくることも多い。ページ数は1000ページを超えており、『月刊少年ガンガン』や『月刊少年ライバル』等と同じくかなりの分厚さを誇る。
引用元:月刊少年エース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E5%88%8A%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B9

『月刊少年ガンガン』(げっかんしょうねんガンガン)は、スクウェア・エニックスが発行する日本の月刊少年漫画雑誌。エニックス時代の1991年3月12日に創刊。毎月12日発売。

月刊で創刊し、1996年4月12日に第2・第4金曜日発売の月2回刊になった後、1998年4月12日から月刊に戻っている。

概要[編集]
2011年現在の対象読者はゲーム世代の中学生男女[1]。だが実際の読者は高校生が14パーセント、大学生以上が30パーセントである[1]。誌名は『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』で初出となった作戦コマンド「ガンガンいこうぜ」にちなんでいると言われている。

少年漫画誌では1、2を争うほどの厚さがある[3]。創刊当初は一般的な厚みで、月2回刊時は1996年・1997年には600頁、1998年には500頁程度だったが、月2回刊を経て月刊に戻った際に厚みが増し再び月刊化した1999年には800頁に膨れ上がっている[4]。一時期1000ページを超えたこともある。CMで「『ガンガン』を人の体に落とすと危険」というギャグを使ったこともある。特大号と付く号は1000ページを超える。ただし各作品のページ数は、連載枠獲得のための公募作掲載コーナーが出来たことによる作品数増加で落ち着いている。このため、第3種郵便の認可を受けているものの、実際には重量制限である1キログラムを超えるため送ることは出来ない。

2011年現在の定価は500円(税込)。創刊当初の定価は390円(税込)。隔週発行時は280円 – 300円(税込)。

『鋼の錬金術師』連載終了後[編集]
2010年、『鋼の錬金術師』の連載が終了し、『月刊少年ガンガン』の売上が減少し始める。ヤングガンガンで連載している『咲-Saki-』のスピンオフ作品『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』、『スパイラル 〜推理の絆〜』の城平京が原作の『絶園のテンペスト』、『ソウルイーター』の外伝作品『ソウルイーターノット!』、『とある魔術の禁書目録』関連の作品などを連載するも、全国出版協会の推定値によると、2004年に37万部、2010年時点で15万部だった発行部数は、2015年現在2万部にまで落ち込んでいる。2016年5月号で創刊25周年となり、ロゴや使われている紙などを変更しリニューアルを行った。2017年3月号より電子版の配信を開始した。
引用元:月刊少年ガンガン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E5%88%8A%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%B3