【6月3日午後4時生まれ】

村上もとかの剣道漫画
『六三四の剣』の主人公は
◯◯六三四?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
なつき(答)
33%

『六三四の剣』(むさしのけん)は、村上もとかによる日本の漫画作品、及びそれを原作としたテレビアニメやコンピュータゲームなどのメディアミックス作品群。『週刊少年サンデー』(小学館刊)にて1981年から1985年まで連載された。

剣道を題材とした正統派のスポーツ少年漫画[1]。岩手県を舞台に、剣道一家に育った主人公・夏木六三四が父の死を乗り越え、ライバル・東堂修羅らとの対決を通じて成長する姿を描いている[1]。物語は小学生時代と高校生時代に分かれており、高校編では六三四が武者修行の末にインターハイ優勝を目指すストーリーとなる[1]。

ストーリー[編集]
剣道岩手県大会を制した夏木夫婦の元に男の子が生まれる。誕生日時が6月3日の午後4時であることから[6]、六三四と名付けられた。六三四は両親の影響から、3歳の時に剣道を始める。六三四が小学校1年生の時、父親の栄一郎は、出場した剣道大会にて優勝を手にしたものの、自身の先輩である東堂国彦との試合中に負った傷によって死亡。東堂への恨みを抱いた六三四だったが、その息子であり最大の好敵手となる東堂修羅と互いに切磋琢磨し、剣道を通して成長してゆく。
引用元:六三四の剣 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E4%B8%89%E5%9B%9B%E3%81%AE%E5%89%A3