『銀河疾風サスライガー』J9最終作『80日間世界一周』SL・J9-III号

335kfxYWcSYsb
抜き撃ちロック
『80日間世界一周』がモチーフ
SLが変形
J9シリーズ最終作
『銀河旋風ブライガー』
『魔境伝説アクロバンチ』
『銀河烈風バクシンガー』
『銀河疾風サスライガー』(答)

文字パネル
宇宙をまたに駆けるコズモレンジャーJ9の活躍を描いたアニメシリーズの第1作は「○○○○ブライガー」?
→銀河旋風
ですが、第2作は『○○○○バクシンガー』?
→銀河烈風
ですが、第3作は『○○○○サスライガー』?
→銀河疾風

『J9シリーズ』(ジェイナイン・シリーズ)は、1981年10月から1984年1月までの約2年3か月の間、テレビ東京系で放送された国際映画社の製作によるテレビアニメシリーズ全3作の総称。
>3作品共に「J9」と名乗るチームが登場するため、こう呼ばれている。各作品は同じ世界の物語であり、第2作は第1作の600年後、第3作は第2作の200年後が舞台。いずれもモチーフとする話があり、「ロボットアニメ版○○」とも呼ばれていた。3作品の主人公達の声を塩沢兼人、曽我部和恭、麻上洋子、森功至らが共通して当てている。
>シリーズ作品[編集]
銀河旋風ブライガー(1981年10月 – 1982年6月) – シリーズ第1作。モチーフは必殺シリーズ。
銀河烈風バクシンガー(1982年7月 – 1983年3月) – シリーズ第2作。モチーフは新撰組。
銀河疾風サスライガー(1983年4月 – 1984年1月) – シリーズ第3作。モチーフは八十日間世界一周。
引用元: J9シリーズ – Wikipedia.

『銀河旋風ブライガー』(ぎんがせんぷうブライガー)は、1981年10月6日から1982年6月29日までテレビ東京ほか一部放送局で毎週火曜日17:55 – 18:25の枠[1]にて全39話が放送された、国際映画社製作のロボットアニメ。
>そんなある日、隕石群アステロイドベルトの歓楽街・ウエストJ区9番地に4人の若者・かみそりアイザック、ブラスターキッド、飛ばし屋ボウィー、エンジェル・お町が集結。宇宙の始末屋「コズモレンジャーJ9」を結成する。J9は、巨大ロボット「ブライガー」を駆り、多額の報酬と引き換えに、のさばる悪を闇から闇へ葬り去ってゆく。
やがて彼らは、犯罪組織「ヌビア・コネクション」の若き首領・カーメン・カーメンと、その恐るべき野望「大アトゥーム計画」と対峙することとなる。
引用元: 銀河旋風ブライガー – Wikipedia.

『J9-II 銀河烈風バクシンガー』(ぎんがれっぷうバクシンガー)は、1982年(昭和57年)7月6日から1983年(昭和58年)3月29日までテレビ東京系・毎週火曜日17:55 – 18:25に全39話が放送された、国際映画社制作のロボットアニメ。
「J9シリーズ」三部作の第2作。物語のモチーフは、幕末時代の日本、新撰組の顛末。
>そんなある日、アステロイドの伝説に残る「コズモレンジャーJ9」に憧れる惑星ターマのディーゴ・近藤(ドン・コンドール)らは太陽系で一旗上げるべく仲間達と共に「銀河烈風隊」を結成する。銀河烈風隊はバクーフのリーダーである総将軍・アーウィン14世の護衛を務めたのをきっかけにバクーフ特別警備隊に組み込まれ、闇の武器商人・スリーJから手に入れた巨大ロボット・バクシンガーを駆り、反バクーフ勢力と戦うことになる。
引用元: 銀河烈風バクシンガー – Wikipedia.

『銀河疾風サスライガー』(ぎんがしっぷうサスライガー)は、1983年(昭和58年)4月5日から1984年(昭和59年)1月31日までテレビ東京系で毎週火曜日17:55 – 18:25の枠にて全43話が放送された、国際映画社製作のロボットアニメ。
「J9シリーズ」三部作の第3作である。
>J9シリーズ最終作。ストーリーのモチーフは、ジュール・ヴェルヌの小説『80日間世界一周』。世界観やファッション、BGMなどは禁酒法時代を舞台にしたギャング映画を意識しており、前2作に比べてアダルトな雰囲気がある。悲壮感のあるラストで幕を閉じた前作『銀河烈風バクシンガー』とは対照的に、陽気なムードの作風となった。ナレーターは安原義人が担当。本編ナレーション、次回予告ナレーションの締め言葉は「Be Happy Good Luck!」で、安原独特のハイテンションな語り口が物語を引き立てていた。
>2911年7月8日、アステロイドのカジノ星・J9ランドで天文学的な大勝ちをした男I・C・ブルースは、現支配人である犯罪シンジケートの大ボス、ブラディ・ゴッドから新太陽: 系の主要惑星50個を1年以内で全て踏破できるかという、世紀の大勝負を持ちかけられた。
ブルースは全財産を賭けてそれに承諾、その場に居合わせた抜きうちロック、おとぼけビート、気まぐれバーディの3人の若者もブラディ・ゴッドのあくどいやり方に反感を持ち、ブルースの大勝負に参加することを決め込んだ。
ブルースとその仲間達は、JJ9(ダブルジェイナイン)[1]を名乗り、シンジケートの妨害と戦いながら、蒸気機関車型自家用宇宙トレイン・J9-III号を駆って賭けに挑む。
引用元: 銀河疾風サスライガー – Wikipedia.