【赤の広場】Area Rubra【翼】ala【赤】rubra【白】alba

『魔法先生ネギま!』で
ナギを中心としたチームです
紅き翼
アラルブラ(答)
29%

『魔法先生ネギま!』で
ネギを中心としたクラブです
白き翼
アラアルバ(答)

237HjdovZD
現地の言葉で「海の道」という
意味の、ハワイで最も大きい
総合ショッピングセンターは
◯◯◯◯◯センター?
ハラアカン
バキウパパ
カワイアナ
アラモアナ(答)
「アラモアナ・センター」
Ala Moana Center
引用元:「アラモアナ」センター ハワイ最大のモール「ala」道「moana」海 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/20718/

モスクワの赤の広場に建つ
聖ワシリイ大聖堂はどっち?
(画像出題)
A(答)
Bスルタンアフメト・モスク(ブルーモスク)
66%

引用元:【堀の生神女庇護大聖堂】 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/52689/

『魔法先生ネギま!』(まほうせんせいネギま!)は、赤松健の漫画作品。略称は「ネギま」。

『週刊少年マガジン』2003年13号(同年2月26日発売)から2012年15号(同年3月14日発売)まで連載された。全355話。連載話数の単位は「○○時間目」。

概要
物語は魔法使いの少年、ネギが30人(実際は31人)の女子中学生のクラスの担任となる所から始まる。序盤は「子供先生」のネギが個性的な女子生徒達に振り回される「ドタバタラブコメ」風の展開を見せていたが、話が進むにつれて本来のテーマである「父親越え」が表面化し、それに関わる者達との「バトル」路線と、従来の「ラブコメ」路線とが交互に描かれるようになる。生徒たちの中にも魔法の存在を知ることになる者や、実は前から知っていたという者が現われ、ネギは彼女たちに支えられながら、魔法使いの世界で英雄だった父の足跡を追って成長していく。

あらすじ
イギリスのウェールズにある、魔法使い達の村。その村のメルディアナ魔法学校を首席で卒業した、10歳の天才少年 ネギ・スプリングフィールド(通称「ネギ」)の目標は「立派な魔法使い(マギステル・マギ)」になって、行方不明になっている父親のナギ・スプリングフィールドを探す事だった。マギステル・マギになる為の修行として、「日本の学校で教師をする」という課題を与えられる。

2003年2月、1人日本に向かったネギが辿り着いた先は巨大な学園都市「麻帆良学園」。その女子中等学校でネギは「魔法使い」であるという正体を隠したまま、教育実習生として2年A組の代理教師を務める事となる。2年A組で31人の女子中学生を相手にするネギだが、ほとんどの生徒には可愛がられ、時に振り回されたりするし、教師としても魔法使いとしてもまだ未熟なネギも学校で騒動を起こしてしまったりで、修行は思う様に上手く進まない。そんな中、着任初日に2年A組の生徒である神楽坂明日菜に自分の正体がバレたのをきっかけに、ネギの正体を知る生徒が増えてきてしまう。そして、修行に進めていく中で次々とネギの前に敵や困難が立ち塞がっていく。

白き翼
ネギの父親探しに協力するために明日菜らが結成した集団。
「サウザンド・マスター」ナギ・スプリングフィールド
ネギの父親。10年前に行方不明となる。普通の女子中学生であるはずの明日菜とも縁がある。
紅き翼
ネギの父に率いられ、異世界「魔法世界」を救った英雄たち。ネギを手助けする。
引用元:魔法先生ネギま! – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%85%88%E7%94%9F%E3%83%8D%E3%82%AE%E3%81%BE!

ナギとその一行(紅き翼)[編集]
「悠久の風(Austro-africus Aeternalls)」という魔法使いの団体(表向きには国連にも参加しているNGO)に所属し、「紅き翼(アラルブラ)」と呼ばれていた、公には7人(事実上は8人)からなる一行。かつて魔法世界で起きた大戦で活躍し世界を救ったことで、魔法界全土で絶大な人気を誇っている。
引用元:魔法先生ネギま!の登場人物 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%85%88%E7%94%9F%E3%83%8D%E3%82%AE%E3%81%BE!%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9

rubra 日本語
翻訳と定義 “rubra”, ラテン語-日本語 辞書 オンライン
翻訳を追加する
rubra
Type: adjective;

赤 { noun }
Poculum vini rubri velim, quaeso.
グラスワインの赤をお願いします。
引用元:rubra – 翻訳 – ラテン語-日本語 辞書 – Glosbe https://ja.glosbe.com/la/ja/rubra

ala
IPA: /ˈaː.la/; Gender: feminine; Type: noun;

翼 { noun }
Si alas haberem, ad te volarem.
もし私に翼があれば、君のところへ飛んでいくのだが。

脇の下 { noun }
腋下 { noun }
腋窩 { noun }
つばさ { noun }
飛行大隊 { noun }
nl.wiktionary.org
tsubasa
羽 { noun }
Struthio alas habet, sed volare non potest.
ダチョウは羽があるが飛べない。
引用元:ala – 翻訳 – ラテン語-日本語 辞書 – Glosbe https://ja.glosbe.com/la/ja/ala

フットサルのポジションについて記す。ここではフットサルにおける5人のプレーヤーの配置、およびその役割について記す。

アラ (Ala、Ala、Esterno、Winger)
ポルトガル語で「サイド」という意味で、サッカーで言うところのミッドフィールダーに当たる。試合中にもっともボールタッチが多いポジションで、シュートを打つ機会も多い。
引用元:フットサルのポジション – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3