『プーさん』シェパード『アリス』テニエル

A・A・ミルンの童話
『くまのプーさん』の
挿絵を描いた、20世紀
イギリスの挿絵画家は?
シドニー・パジェット

ターシャ・テューダー
ノーマン・ロックウェル
E・H・シェパード(答)
43%

市民生活を軽妙に描いた作品で
現在も高い人気を誇る
20世紀のアメリカの画家は
◯◯◯◯・ロックウェル?
ーノンイト
アクルケマ
ノーマン(答)
58%

引用元:「ノーマン」・ロックウェル | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/48586/

jgZQLoGtwXwb
「V&A」と略される
ロンドン、ケンジントンの美術館
の名はヴィクトリア&◯◯◯◯◯
美術館? ◯を答えなさい
アルバート(答)
引用元:「ポンピドゥー・センター」リチャード・ロジャースとレンゾ・ピアノが設計 「アプタイベルク」美術館 ドイツのメンヘングラートバッハ「修道院の丘」 「ヴィクトリア」&アルバート美術館 略称「V&A」 グッゲンハイム美術館 フランク・ロイド・ライト建築 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/7575/

アーネスト・ハワード・シェパード(Ernest Howard Shepard, 1879年12月10日-1976年3月24日)はイギリスの挿絵画家、イラストレーター。「クマのプーさん」の挿絵で知られる。娘のメアリー・シェパードも挿絵画家。

1927年、妻フローレンス没。フローレンスの助けが励みになっていた彼には大きな痛手だった。仕事に没頭する事で悲しみを忘れようとする。「くまのプーさん」の挿絵の仕事がちょうどこの頃である。のちに再婚。

1976年没。96歳。訃報は日本でも報じられている。美術界への貢献により英国政府より叙勲。
引用元:E・H・シェパード – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/E%E3%83%BBH%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%89

『クマのプーさん』(英: Winnie-the-Pooh)は、1926年に発表されたA・A・ミルンの児童小説。クマのぬいぐるみでハチミツ好きの「プー」と、森の仲間たちとの日常が10のエピソードによって描かれている。1928年には同様の構成をもつ続編『プー横丁にたった家』も発表された。『クマのプーさん』のシリーズはこの二つの物語集と、その前後に発表された二つの童謡集『ぼくたちがとてもちいさかったころ』『ぼくたちは六歳』の計4冊からなっており[1][注釈 1]、挿絵はいずれもE.H.シェパードが手がけている。

A.A.ミルンはこの作品を自身の息子クリストファー・ロビン・ミルンが持っていたテディ・ベアから着想した。この児童小説とそのキャラクターは発表当時からひろく人気を集め、多数の言語に翻訳されて、いまなお世界中で読み継がれている。1960年代からはディズニーによって一連のくまのプーさんシリーズのアニメーションが作られ、原作の知名度に大きく貢献した。ディズニー版では「Winnie the Pooh」とハイフンが脱落した表記が使われており、日本では「くまのプーさん」の表記が作品・キャラクター双方で用いられている。

挿絵[編集]
『クマのプーさん』シリーズの挿絵は、ミルンの古巣である『パンチ』の画家E.H.シェパードが手がけている(ただし、シェパードが『パンチ』に描くようになったのはが『パンチ』を抜けてからである)。最初にシェパードがミルンの挿絵を手がけたのは、『ぼくたちがとてもちいさかったころ』の出版に先立ち、そのうちの数編が『パンチ』に掲載されたときで、この際にシェパードが挿絵画家として抜擢されることになった。ミルン自身はもっと名のある画家に頼みたいと思っていたため、当初はこの決定に不満を持っていたが、出来上がった挿絵を見て、自分の作品に挿絵を描いて成功する者はシェパードをおいて他にないと確信したという[22][注釈 7]。実際シェパードの挿絵は、『プーさん』の物語世界と非常に合ったものとして、現在では『不思議の国のアリス』のために描かれたジョン・テニエルの挿絵と並ぶ評価を受けている[24]。

『クマのプーさん』出版の際には、シェパードはミルンの家に招かれ、キャラクターのモデルとなったぬいぐるみたちをさまざまな角度から丁寧にスケッチして挿絵の準備をしている。ただし「プー」だけは、ミルン家のテディベアのスケッチも取っていたものの[25]、結局描きなれていた自分の息子グレアム所有のよりずんぐりした体型のテディベア「グロウラー(うなりや)・ベア」のほうをモデルにして描くことになった[26]。「グロウラー」はおそらくシュタイフ社製で、『ぼくたちがまだとてもちいさかったころ』の挿絵のほか、それ以前のシェパードによる『パンチ』寄稿作品にも何度か登場している[27]。シェパードはまたミルンの別荘コッチフォード・ファームにも家族ぐるみで招かれ、この地を散策して物語の舞台のスケッチを取った。これらのシェパードのスケッチの大部分は、1969年にロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館に寄贈されている[28]。

後年、シェパードは『クマのプーさん』『プー横丁にたった家』の自身の挿絵に彩色をほどこしている。この彩色版は1973年に出版され、その後ひろく使用されるようになった。またシェパードは、もとの挿絵ほどの評価は受けていないものの、1950年代の終わりに絵柄を変えて描いた別の彩色版『プーさん』も手がけている[29]。
引用元:クマのプーさん – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%BC%E3%81%95%E3%82%93

原作者E.H.シェパードのオリジナル鉛筆素描画公開!Bunkamuraザ・ミュージアム「クマのプーさん展」
更新日:2019年7月11日

プーさんの故郷・イギリスのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で好評を博した「クマのプーさん展」が、日本初上陸!

2019年2月9日(土)~4月14日(日)までの期間限定で、Bunkamuraザ・ミュージアム(東京・渋谷)にて開催されます☆

2019年2月9日(土)~4月14日(日)(予定)の期間限定で、Bunkamura ザ・ミュージアムにて『クマのプーさん展』が開催されます。児童文学のなかでも、世界中でもっとも人気のある作品のひとつ『クマのプーさん』。

著者A.A.ミルンと、挿絵を担当したE.H.シェパードによって、1926年にイギリスで出版されて以降、50以上の言語に翻訳されるとともに、全世界で5000万部以上のシリーズ本が出版され、いまも世界中の人々を魅了し続けています。
引用元:原作者E.H.シェパードのオリジナル鉛筆素描画公開!Bunkamuraザ・ミュージアム「クマのプーさん展」 – Dtimes https://dtimes.jp/bunkamura-the-museum-winnie-the-pooh/