ゆき【雪姫】

濱田浩輔の漫画『パジャマな
彼女。』に登場する美人な先輩
白井雪姫
しらいゆき(答)
65%

パジャマな彼女。 1
濱田浩輔

突然パジャマ姿のお化けになっちゃった!? 幼馴染みのまくらが、自分にしか見えないお化けになり、戸惑う計佑。彼女を元に戻そうと頑張るが、気になる先輩雪姫も現れて!? 恋愛ファンタジードキドキの第1巻っ!!
引用元:パジャマな彼女。 1 | ジャンプBOOKストア! http://jumpbookstore.com/item/SHSA_ST01C87046200101_57.html

『パジャマな彼女。』(パジャマなかのじょ)は、濱田浩輔による日本の漫画作品。

あらすじ[編集]
眠りの森学園高等部1年生の目覚計佑は、家が近くで子供の頃からの付き合いの幼馴染・音巻まくらやクラスの仲間達と、それなりに楽しい学園生活を送っていた。そんなある日、計佑は些細な事でまくらに少しつらくあたってしまう。そしてその夜、まくらが行方不明になってしまった。計佑も探すことになり、ふと思いついたのは、小さい頃まくらとよく遊びに来ていたひまわり畑。そして見つけたまくらは、幽霊になってしまっていた。

登場人物[編集]
眠りの森学園[編集]
目覚 計佑(めざまし けいすけ)
本作の主人公。高等部1年2組の男子生徒。
天体観測が趣味で、自室には天体望遠鏡や宇宙科学に関する沢山の本がある。当初は部活動に入っていないが、まくらの回復後は天文同好会を立ち上げ、まくららを迎え入れる。
途中、雪姫を襲った暴漢にナイフで胸を刺されるが、雪姫が買ったストラップが盾となって一命を取り留める。

音巻 まくら(おとまき まくら)
本作のメインヒロイン。計佑の幼馴染でクラスメイト、自宅は隣同士。ショートヘアの活発な少女で、女子ソフトボール部の1年生エース。よく寝る。
母親を早くに亡くしており、父親は仕事で忙しいため、幼いころから目覚家で過ごすことが多く、計佑とは兄妹同然の関係。一人称は「私」「アタシ」「まくら」などいくつかある。

白井 雪姫(しらい ゆき)
本作のもう一人のヒロイン。眠りの森学園高等部の3年生で計佑たちの先輩。図書委員長を務める。実家は代々続く医者の家系でかなり裕福。
成績優秀な上、美人でスタイル抜群。長い黒髪が特徴。自身は人気上昇中の女優の卵で、カメボウの「白雪フェイス」という化粧品のテレビCMに出演している。
引用元:パジャマな彼女。 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%9E%E3%81%AA%E5%BD%BC%E5%A5%B3%E3%80%82

濱田 浩輔(はまだ こうすけ、1985年11月10日 – )は、福岡県筑紫野市出身[1]の日本の漫画家。

経歴[編集]
漫画家を目指そうとしたのは19歳の時、ジャンプ作家のアシスタントになる。アシスタント時代は2週間に1度、45ページの読み切りを描いては担当編集者に見せていた[2]。『赤マルジャンプ』(集英社)2006 SPRINGに掲載された読切「リライト」で漫画家デビュー。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)2007年41号に、第3回ジャンプ金未来杯エントリー作品として読切『CLUTCH』を掲載。これを前身として『週刊少年ジャンプ』2008年27号から40号まで、スポーツ漫画『どがしかでん!』を連載する。

『週刊少年ジャンプ』2012年13号から40号まで、ラブコメディ漫画『パジャマな彼女。』を連載する。

2度の連載終了を経てアンケートシステムが自分と合わないと思い、ジャンプでの連載獲得を諦める[2]。その後、他誌に活動の場を移し『good!アフタヌーン』(講談社)32号より、『はねバド!』を連載中。
引用元:濱田浩輔 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BF%B1%E7%94%B0%E6%B5%A9%E8%BC%94

『はねバド!』(The Badminton play of Ayano Hanesaki!)は、濱田浩輔による日本の漫画。高校女子バドミントンを題材にした作品で、『good!アフタヌーン』(講談社)にて2013年32号から2019年11月号まで連載された。コミックス14巻発売時点での発行部数は累計180万部。

概要
作者の濱田が『週刊少年ジャンプ』にて連載していた前作『パジャマな彼女。』と同一の世界観の物語であり、同作のキャラクターが本作にも登場する。

濱田自身は小3から高3までバスケットボール漬けの生活だったことから部活動をしていない『パジャマな彼女。』の主人公に感情移入できず[1]、「部活にすべてを賭けるような雰囲気の青春スポーツマンガ」を描きたいと思ってたところ[1]、2012年のロンドンオリンピックにおいて、バドミントンの藤井瑞希・垣岩令佳ペアが銀メダルを獲得した試合をテレビで見て[2]、バドミントンが激しく動くスポーツだということを知らなかったが[3]「このスピード感を漫画にしたら面白そうだ」と感じたたからだという[2]。なぎさと綾乃は当時中学生と高校生でペアを組んでいた山口茜と大堀彩の印象を混ぜて作り上げられている[3]。企画当時の設定では、綾乃は三角巾を被る定食屋の娘で、商店街の期待を背負いオリンピックを目指す女の子であったが、最終的には最初のアイディア通り高校を舞台とした部活ものに設定が変更された[2]。
引用元:はねバド! – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%AD%E3%83%90%E3%83%89!