【モーニング】男女一般向け【アフタヌーン】PC、ゲーム層向け【イブニング】読切系、30代男女向け

2013年に第10回本屋大賞を受賞
した百田尚樹の小説を原作とする
漫画『海賊とよばれた男』の連載
を2014年1月に開始した雑誌は?
「モーニング」

「ビッグコミックスピリッツ」
「イブニング」(答)
「ヤングマガジン」
41%

次の小節を
「本屋大賞」を受賞した
順に選びなさい
『東京タワー』 2006(第3回)
『ゴールデンスランバー』 2008(第5回)
『天地明察』 2010(第7回)
『謎解きはディナーのあとで』 2011(第8回)
『海賊とよばれた男』 2013(第10回)
引用元:『ゴールデンスランバー』『謎解きはディナーのあとで』『海賊とよばれた男』 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/47324/

次の岡田准一主演の映画を
公開された順に選びなさい
『フライ,ダディ,フライ』
『陰日向に咲く』
『SP THE MOTION PICTURE』
『天地明察』
『永遠の0』
『海賊と呼ばれた男』
引用元:【天地、永遠、海賊】 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/52437/

作品紹介
本屋大賞受賞の傑作、圧倒的筆致でコミカライズ!! かつて欧米石油メジャーに、たった一人で挑んだ日本人がいた。
この物語は、出光興産創業者・出光佐三をモデルにした破格の歴史経済エンタテインメントである。 昭和20年8月15日。日本、敗戦。圧倒的絶望の中、男は選択を迫られていた。 男の名は国岡鐡造。一代で石油販売会社を築き、そして敗戦と共にそのすべてを失おうとしていた。 1000人の社員を抱え、残されたものは莫大な借金だけ。会社をたたむか、存続させるか──。 覚悟を決めた国岡が出した答えとは。 2013年本屋大賞にも選ばれた190万部超えのベストセラー『海賊とよばれた男』堂々漫画化!!

著者紹介
百田尚樹(原作) ひゃくたなおき
1956年大阪生まれ。同志社大学中退。 2006年『永遠の0』(太田出版)で小説家デビュー。 『ボックス!』(同)、『風の中のマリア』(講談社)、『モンスター』(幻冬舎文庫)、『「黄金のバンダム」を破った男』(PHP文芸文庫)、『影法師』『錨を上げよ』(以上講談社)など著者多数。 『海賊とよばれた男』で、2013年「本屋大賞」を受賞する。

須本壮一(作画) すもとそういち
1980年第19回『週刊少年サンデー』新人コミック大賞佳作でデビュー。 代表作に北朝鮮拉致問題扱った『奪還』『めぐみ』があり、また戦記物『夢幻の軍艦大和』では、戦艦や戦闘機のリアルな描写が話題に。 百田尚樹氏原作『永遠の0』『海賊とよばれた男』のコミカライズでは作画を担当。 また執筆の傍ら、子ども達の笑顔を支援する漫画家のNPO団体ビースマイルプロジェクトの代表理事も務める。
引用元:海賊とよばれた男|イブニング公式サイト – 講談社の青年漫画誌 https://evening.kodansha.co.jp/c/kaizokutoyobaretaotoko.html

百田尚樹「海賊とよばれた男」のコミカライズ連載が、2月25日発売のイブニング6号(講談社)にてスタートすることが決定した。作画を手がけるのは、本そういちの別名義で、「永遠の0」のコミカライズも担当した須本壮一。

「海賊とよばれた男」は、出光興産の創業者・出光佐三をモデルとした男を描くノンフィクションノベル。2013年に第10回本屋大賞を受賞し、累計発行部数は160万部を突破している。
引用元:百田尚樹「海賊とよばれた男」イブニングでマンガ化決定 – コミックナタリー https://natalie.mu/comic/news/108705

講談社青年コミック誌(時間帯系):モーニング、アフタヌーン、イブニング

講談社の多数の青年コミック誌の中において
「(1日の中の)時間帯」
がタイトルに絡む3つの雑誌の内容やターゲット、人気などの比較。

週刊 モーニング
こちらは幅広い世代の男性サラリーマン+女性層がターゲット。
3誌のうちでは、人気や知名度が圧倒的。

【講談社公式サイトでの説明】
男女が楽しめて知識もつく青年コミック誌

【講談社広告サイトでの公式説明】
「読むと元気になる!」オトナ男女向け本格コミック誌。
『宇宙兄弟』『コウノドリ』『GIANT KILLING』『グラゼニ』
『鬼灯の冷徹』『BILLY BAT』等の大ヒット作、
国民的漫画『会長 島耕作』『クッキングパパ』、
人気沸騰『バトルスタディーズ』など性別を問わずオトナが楽しむことのできる漫画多数掲載。
TVドラマ、アニメ等の多メディア展開も多い青年コミック誌の雄。

アフタヌーン(月刊アフタヌーン)
こちらは、青年男性層を中心に、ある程度老若男女問わない系統ながら、
活動的なサラリーマンというよりも、
パソコン、ゲームなどが好きなややオタク系のかたがたがターゲットのようです。

【講談社公式サイトでの説明】
色々なジャンルに挑戦していくコミック誌

【講談社広告サイトでの公式説明】
「キャラクター力抜群の最強漫画誌」。
「ああっ女神さまっ」「おおきく振りかぶって」「ヴィンランド・サガ」などの
魅力的なキャラクター漫画から、岩明均、高橋ツトムをはじめとする実力派まで、読みごたえいっぱい。
老若男女を問わない年齢の幅広さに加え、パソコン、ゲーム所有率が高い
最先端感覚の読者層を持つ、ジャンルNo.1の高感度漫画誌です。

イブニング

こちらは特徴としては、
週刊と月刊の中間である月2回(隔週刊)
30代男女ターゲット
家でも読める作品群(だから”イブニング”なのか?)
連載系ではなく読み切り系作品雑誌
こういったところ、
とにかく「家でも読める」というところをアピールしている印象。

ちなみに「家でも読める」とは、
子供の近くにでも安心して置いておける作品ばかり、ということなのか、
そのあたりには明確に書かれていません。

【講談社公式サイトでの説明】
男女問わず楽しめる本格コミック誌

【講談社広告サイトでの公式説明】
お・と・なのため読み切りMANGA誌。
「ヤング島耕作」「味っ子2」といったヒット作の続編から
「もやしもん」「少女ファイト」といった新感覚の作品まで、
月2回刊のメリットを生かした読みごたえある作品が満載!
30代男女を対象とした「家庭で読める」本格コミック誌です。
引用元:講談社(時間帯系):モーニング,アフタヌーン,イブニング | 名言,定期購読(雑誌),電子書籍情報など「読書の力」 https://www.digital-dokusho.jp/magazine-hikaku/morning-afternoon-evening/