【医学部卒】『ヒポクラテスたち』『ゴジラVSビオランテ』

2005年に公開された特撮映画
『超星艦隊セイザーX』を
手がけた映画監督は?
大森一樹(答)

金子修介
三池崇史
北村龍平
33%

202elyyqnodngp

次の映画作品を
監督した人物ごとに
グループ分けしなさい
【大森一樹】すかんぴんウォーク、恋する女たち
【相米慎二】台風クラブ、ションベン・ライダー
42%

引用元:大森一樹『すかんぴんウォーク』『花の降る午後』相米慎二『台風クラブ』 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/31162/

連想
『トットチャンネル』
『T.R.Y.』
『ゴジラVSビオランテ』
『ヒポクラテスたち』
大森一樹(答)

『劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち』は、2005年12月17日に全国東宝系で公開された『超星艦隊セイザーX』の映画作品。『劇場版 甲虫王者ムシキング グレイテストチャンピオンへの道』と同時上映。

概要[編集]
『ゴジラ FINAL WARS』で終了したゴジラシリーズに替わり東宝の正月映画として公開された[3]。

『超星艦隊セイザーX』のメンバーの他に、『超星神グランセイザー』と『幻星神ジャスティライザー』のメンバーが全員登場する[4]。クライマックスの巨大戦では超星神4体と幻星神3体とグレートライオが共闘するという大掛かりなモノとなっている[5]。『グランセイザー』からは堀口博士、『ジャスティライザー』からは澪とレギュラーキャスト3人が登場。このうちジャスティライザーは「変身能力を取り戻す」という最終回の設定を踏まえたシチュエーションで登場している。

高田モンスター軍が登場するが、出番もわずかでストーリーへの絡みはなかった[6]。公開前に開催された「ハッスルマニア2005」ではタイアップ興行も行われた[7]。

特撮監督はテレビシリーズと同じく川北紘一が担当。監督は大森一樹が務め、川北とは『ゴジラvsキングギドラ』(1991年)以来のタッグとなった[8]。
引用元:劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88_%E8%B6%85%E6%98%9F%E8%89%A6%E9%9A%8A%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BCX_%E6%88%A6%E3%81%88!%E6%98%9F%E3%81%AE%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%81%9F%E3%81%A1

大森一樹とは、日本の映画監督、及び脚本家である。1952年のひな祭り生まれ。

概要
大阪生まれのコテコテの関西人で、現在は兵庫県芦屋市に在住。

医者の家に生まれ、自身も医学部卒で医師免許も持っているが、医者の道ではなく映画界へと足を運んだ珍しい経歴の持ち主。

医学部受験のための勉強の傍ら、高校時代から既に自主映画の製作も行っており、17歳で初作品『革命狂時代』を製作、監督、脚本、撮影、編集の全てを自分自身で行い完成させている。
大学時代には映画自主上映グループの結成や、映画サークル内での映画製作などに熱中していた。それでいて留年しながらも医師免許もきちんと取得するとは、なんという超人
特に20歳の時には3本もの作品を同時に完成させる早撮りぶりだった。

1980年、京都府立医科大学を卒業、さらに同年に自身の医学部在学体験を元に映画として監督兼脚本で作品化した最初のブレイク作品となる『ヒポクラテスたち』が公開された。この映画は後にブレイクする役者が数多く出演しているほか、手塚治虫や北山修といった「医師」も出演していった。翌年の’81年には2作連続で医療映画を監督している。

久々の監督作となった1984年の『すかんぴんウォーク』では主演に吉川晃司を抜擢。この作品で吉川が演じた民川裕司は吉川のキャリア初期を代表する役になり、主題歌のデビュー曲「モニカ」も大ヒット。民川シリーズとして3部作になる大森初のシリーズ作品となった。(しかし、未だDVDにはなってない。併映のアニメ映画は紆余曲折を経てBDになったのに・・・・)

1986年には『恋する女たち』で日本アカデミー賞優秀脚本賞、優秀監督賞をダブル受賞、主演の斉藤由貴も主演女優賞に輝くなど高い評価を得て商業的にも作品的にも大衆的な評価を確固たるものとした。さらに次回作の1987年『トットチャンネル』では黒柳徹子のテレビ黎明期を描き、芸術選奨新人賞を受賞。

こうしたヒットの連発から、東宝からは絶大な信頼を獲得し、1989年には84年に復活したゴジラシリーズの新作を監督。東宝では本多猪四郎や福田純といった専属監督がベテラン特撮監督とともに製作するのが通例であったこのシリーズを新鋭の大森に任せたのは当時極めて異例だった。
一般公募から選出された小林晋一郎によるシナリオ「ゴジラ対ビオランテ」を文字通り「小さな林から大きな森」へと成長させ、ニューゴジラを描いた『ゴジラvsビオランテ』として公開に至る。
当時としては先進的すぎて若干難解だったバイオテクノロジーの脅威と暴走というテーマ性は、プロデューサーでゴジラの生みの親である田中友幸イチ押しだったものの、観客動員数が前作『ゴジラ(1984年)』を下回ってしまったことからもわかるように、公開時には大衆的に理解されたとは言い難かったが、特撮ファンを中心にシリアスなゴジラへの回帰と新しいゴジラへの挑戦には喝采の声も多く、公開時に子供だった者が改めて成長してからこれを鑑賞してその面白さに気付く、ということも多いらしい(なお、田中プロデューサーはパンフで「ストーリーがシリーズ中でもバツグンに面白い」と当時からその脚本を絶賛していた)。
引用元:大森一樹とは (オオモリカズキとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E4%B8%80%E6%A8%B9