ジュリエッタ【お伊しい】

漫画『鳴沢くんはおいしい顔に
恋してる』で、主人公の家に
ホームステイしてきたのは
どこの国の女の子?
スペイン
イタリア(答)
フランス
ドイツ
53%

『鳴沢くんはおいしい顔に恋してる』(なるさわくんはおいしいかおにこいしてる)は、山田怜による日本の漫画。ノース・スターズ・ピクチャーズの『月刊コミックゼノン』で2015年5月より連載を開始。2016年5月21日から同社のウェブコミック配信サイト『WEBコミックぜにょん』に発表の場を移し[1]、2017年8月13日まで連載された。キャッチコピーは「不機嫌男子×満腹女子が織り成す、幸福料理ラブコメ♪」。

登場人物[編集]
鳴沢 秋博(なるさわ あきひろ)
本作の主人公。初登場時15歳の高校1年生。誕生日は8月25日。身長は平均よりちょっと上で体型はやせ型。好きなおやつはコーヒーゼリー。額には兄によってつけられた大きな傷跡があり、不機嫌そうな態度と相まって学校では怖れられ、避けられている。料理を筆頭に家事が得意。趣味は美味しそうに食事をする女性を眺めることであり、将来の夢はそれを毎日眺めて暮らす主夫となること。幼少期に父親とは自殺による死別、母親はその数ヶ月後に失踪していると思しき描写があり、その後、兄が家を出たことにより一軒家に祖母と二人で暮らしていたがジュリエッタがホームステイを始めたことにより三人暮らしになる。作中ではジュリエッタ、冬子、春の3人の食べっぷりに惚れこみ、一夫多妻ができないか悩んでいる。クリムトという名前の黒猫を飼っている。

ジュリエッタ・エスターテ・サンタンドレア (Giulietta=Estate=Santandrea)
イタリア国籍の22歳大学生。誕生日は11月28日。好きなおやつはアイスやジェラートなどの甘くてやわらかいもの。ミドルネームのエスターテはイタリア語で夏を意味する。陽気で活発な性格の美女。子供の時に幼馴染に見せてもらった書道をきっかけに日本に憧れ、日本語教師になるために日本の大学に留学し、祖父の昔の恋人であった弥生の伝手を頼り鳴沢家にホームステイ中。秋博からはとても美味しそうに食事をする様から理想の女性と思われている。語学に堪能で母語であるイタリア語以外にスペイン語、英語を使えるが、日本語に関してはリスニングが苦手であり、勉強中。蕎麦屋でのバイトの後、鳴沢家の近所の寿司屋でアルバイトしている。
引用元:鳴沢くんはおいしい顔に恋してる – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%B4%E6%B2%A2%E3%81%8F%E3%82%93%E3%81%AF%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%84%E9%A1%94%E3%81%AB%E6%81%8B%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%8B

鳴沢くんはおいしい顔に恋してる ①

山田怜/著

発売日:2015年09月19日
ISBN:978-4-19-980296-6
判型/仕様:B6判
定価:本体580円+税

内容紹介
額の傷といつも不機嫌な眼つきが特徴のぼっち系男子・鳴沢くん。怖い見た目に反して、鳴沢くんの生きがいは、“美味しそうにご飯を食べる女性の顔”を見ること!!そんな鳴沢くんの前に謎の外国人美少女が現れ…!?“ぼっち系男子”ד満腹女子”が織り成す、新感覚料理ラブコメ☆

 著者プロフィール
山田怜
山田瑯名義で別冊少年マガジン(講談社)から「蓬莱ガールズ」でデビュー。その後、山田怜に名義を変え、活躍中。
引用元:鳴沢くんはおいしい顔に恋してる ① | 徳間書店 http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784199802966