【埼玉県出身】椿いづみ

椿いづみの漫画
『俺様ティーチャー』で
主人公の真冬がかつて
番長時代に統一していたのは?
千葉

神奈川
埼玉(答)
大阪
51%

『俺様ティーチャー』(おれさまティーチャー)とは椿いづみによる日本の漫画作品。

漫画雑誌「花とゆめ」(白泉社)にて2007年15号から連載中。単行本は「花とゆめCOMICS」(白泉社)より刊行され、2019年6月の時点で既刊27巻。 累計発行部数は350万部。

あらすじ[編集]
不良番長―黒崎 真冬は埼玉を統一した直後、乱入してきた警察官を前に子分達から置いてきぼりを食らい、1人捕まった事で“東校”を退学にされてしまう。母の計らいで1人埼玉を離れ、“緑ヶ丘学園”に転入出来る事になったものの、寮は満室。アパートでの独り暮らしを始める事になる。新天地では母と絶対にケンカをしないと約束した事から、番長やヤンキーであった過去を完全に隠すと決意した矢先、転入前日に訪れたコンビニで絡まれていた男を思わずケンカで助けてしまう。たがその男は学校の担任であり、アパートの隣人―佐伯 鷹臣だったのだ。いきなり弱みを握られた真冬は必死に一般生徒を装いつつも、“風紀部”として学園の不良達を正す為にバトルを繰り広げる二重生活を送る羽目になる―――。

風紀部[編集]
黒崎 真冬(くろさき まふゆ)
声 ‐ 喜多村英梨
12月21日生まれ。O型。身長155センチ。家族構成は父、母。
主人公。1年1組→2年1組→3年1組。気付けば埼玉を統一していたというカリスマ性を持つ元ヤン女子高生。ケンカ中の補導が原因で東校を退学になり転校したが、その先も不良が多い“緑ヶ丘学園”であった。母には「ケンカしたら縁を切る」と言われ、自身の過去を隠し普通の女の子になることを決意する。転校当初、同じクラスの早坂と友達になりたいと日々頑張っていたが空回りしていた。東校番長だったので男の子分は多かったが友達がおらず、特に女の子には憧れながらも接し方が分からず、同性の友達に恵まれないのが悩み。自身が番長との自覚がなかった程におバカという、天然気味である。
引用元:俺様ティーチャー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%BA%E6%A7%98%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC

椿 いづみ(つばき いづみ、12月11日 – )は、日本の漫画家。埼玉県出身。女性[1]。

2002年、「嫌いにならないでね」で第40回ビッグチャレンジ賞佳作受賞。『花とゆめ』同年17号(白泉社)に掲載の「縮めてディスタンス」でデビュー。双子の妹の古賀よしきも漫画家で、こちらは『少女コミック』(小学館)の作家陣の一員。

小・中・高校の教員免許を持っている[2]。

ギャグをとり入れたコメディー作品が多い。
引用元:椿いづみ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%BF%E3%81%84%E3%81%A5%E3%81%BF