2月【中学受験】

桜花ゼミナールの新校長として
赴任したスーパー講師・黒木蔵人
を主人公とする、高瀬志帆の
受験漫画は?
『一月の勝者』

『四月の勝者』
『二月の勝者』(答)
『三月の勝者』
27%

エフェクト
平安時代、嵯峨天皇が蔵人頭に任命しました
巨勢野足
こせののたり(答)

CIMG4684WAKNpLOWvQGq
日本初の勅撰漢詩集
『凌雲集』の編纂を命じた
天皇は誰?
元明天皇
桓武天皇
聖武天皇
嵯峨天皇(答)
引用元:「太上天皇」上皇の正式名称 「平城(へいぜい)」上皇「薬子の変」で嵯峨天皇と争い出家 『凌雲集』嵯峨天皇が編纂指示 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/17496/

001jIXuChA
『GetBackers 奪還屋』の運び屋
「Dr.ジャッカル」といえば?
赤屍蔵人
あかばねくろうど(答)

IMG_0509SgLotpHqqRmN
漫画『Get Backers-奪還屋-』で
筧朔羅が使う
布を操る戦闘技術の流派は?
術姫筧流布衣小
小姫筧流布衣術(答)
しょうきかけいりゅうふいじゅつ
引用元:「赤屍蔵人」あかばねくろうど 「小姫筧流布衣術」しょうきかけいりゅうほいじゅつ 『Get Backers-奪還屋-』 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/17858/

2012年6月公開のアニメ映画
『図書館戦争 革命のつばさ』で
小説家・当麻蔵人の声を演じる
俳優はいとうせいこうである
×(答)
◯イッセー尾形

激動の中学受験界に現れた最強最悪の絶対合格講師!
2020年の大学受験改革を目前に、激変する中学受験界に現れたのは生徒を第一志望校に絶対合格させる最強最悪の塾講師!
受験の神様か、拝金の悪魔か? 早期受験が一般化する昨今、もっとも熱い中学受験の隠された裏をえぐりだす問題作!

登場人物紹介

黒木蔵人(くろきくろうど)
中学受験のトップ塾フェニックスから突然、桜花ゼミナールの新校長としてやってきた発言が過激なスーパー講師。

佐倉麻衣(さくらまい)
この春から新卒で中学受験塾・桜花ゼミナールの講師として働き出す。性格はまっすぐで熱心、空手有段者。
引用元:二月の勝者 【作品TOP】│ビッグコミックスピリッツ連載中 https://bigcomicbros.net/comic/2gatsunoshousha/

『二月の勝者』の担当編集者、加納由樹さんに、制作秘話を聞いてきました!

“中学受験という驚くべき世界”を描きたかった
――そもそも、『二月の勝者』が描かれた背景は?

作者の高瀬志帆さんが、別の媒体で原作付きの中学受験マンガを描いたことから”中学受験という驚くべき世界”に興味を持ち、中学受験を描いてみたいとご提案があったのが3年前のこと。2020年からの大学入試改革も話題になっていましたし、それに伴って中学入試も大きく変わることが予想され、今このテーマを取り上げるのは面白いのではと。

「学ぶってなんだろう」という普遍的なテーマや、家族愛や教育格差といったことも当然含まれてくるだろうから、中学受験に関わりのある人、ない人を問わず、幅広い層に受け入れられるのではと思いました。

それから3年間、徹底的にリサーチをして構想を練り、連載をスタートしました。

――マンガの主人公・黒木の「合格できたのは父親の経済力と母親の狂気」といった過激なセリフも話題になっています。保護者を「金脈」としか思っていないような黒木に対して、マイナスの反応はなかったのでしょうか。

意外に批判は少なかったですね。むしろ「本音で言ってくれてすっきりした」という声が多いと感じます。

中学受験を成功体験とするのが、一番の勝者
――二月の勝者とは、言うまでもなく、2月に行われる中学受験の合格者ということだと思いますが、物語は合格というゴールに向けてどう展開していくのでしょうか。

『二月の勝者』には、さまざまな性格の子どもや、事情が異なる家族が登場していますが、皆、それぞれにがんばった結果どうなるか、納得のいく着地点に向かっていきます。しかし必ずしも2月に合格することだけが勝者なのかについては、最後まで見届けていただきたいと思います。
そういう意味では、お子さんがまさに受験まっ最中のご家庭、これから中学受験を考えているご家庭にとってこの作品が、中学受験が「いい成功体験」として記憶に残るためのささやかなきっかけにでもなれればいいなと思っています。
引用元:『二月の勝者』はなぜママにヒットしているのか!?  — 大人気受験マンガの編集者に聞く! | Hanako ママ web https://hanakomama.jp/topics/75486/

「図書館戦争」シリーズはみんなの愛情でできています
 映画『図書館戦争 革命のつばさ』は、観どころ満載だ。オリジナルキャラクターも登場するが、ストーリーはあくまで原作に忠実。

 福井県の原子力発電所を武装テロリストが占拠、その手口は人気作家・当麻蔵人の小説の内容に酷似していた。合法的に検閲を行うメディア良化委員会は、比喩ではない「作家狩り」を宣言。笠原郁&堂上篤らが所属する図書特殊部隊は、「表現の自由」を守るため、当麻蔵人の身辺警護の任務にあたる。逃亡劇の舞台は東京から、西へ。ラブコメ度も全開、凸凹コンビの恋はついに決着を迎える──。

「例の泥臭い告白シーンは、やっぱり観どころです(笑)。それから、最後の活劇シーン。まだ完成した映像は観ていないんですが、映像的にもすごいものになると思います。そのシーンのアフレコに関する、素敵なエピソードがあるんですよ。今回、〈当麻〉役のイッセー尾形さんは、声優初挑戦だったんですね。みんなでアフレコをした後、イッセーさんがひとりで声を別録りする機会があったんです。その時に、〈郁〉を演じた井上麻里奈ちゃんがブースに残って、“私も一緒に声を出していいですか?”って。相手とナマで気持ちを交換させたほうが、芝居は絶対良くなる。麻里奈ちゃんは自分の録りは終わってるのに、〈当麻〉に寄り添うため、イッセーさんに寄り添うためだけに、声を一緒に出してくれたんですよ」
引用元:Page 2/2 | いつか『革命』を——。4年前から、私たちの合言葉でした。 | ダ・ヴィンチニュース https://ddnavi.com/interview/60207/a/2/