【東京】歴史系

次の漫画『ドカベン
スーパースターズ編』の登場人物
を所属する球団ごとに
グループ分けしなさい
【東京スーパースターズ】足利速太、サル、ハリーフォアマン、義経光
【四国アイアンドッグス】丸亀、マドンナ、雲龍大五郎、播磨矢
37%

東京スーパースターズ(Tokyo Super Stars)は、漫画『ドカベン スーパースターズ編』および『ドカベン ドリームトーナメント編』に登場する架空のプロ野球球団。

投手[編集]
里中智(さとなか さとる)(1):(明訓高校→ロッテ→東京)
スターズのエースで、先発陣の柱。投手ながら小柄なことと明訓時代の功績から「小さな巨人」の異名を持つ。
1995年にドラフト3巡指名されロッテに入団。当初はストッパーとして活躍し、3年目から先発へ。プロ入り後は怪我しやすい体やスタミナ不足を克服。揺れて落ちるシンカー「サトルボール」や一度宙に浮いて落ちる「スカイフォーク」が武器。2008年オフに山田の妹・サチ子と結婚。

ハリー・フォアマン(44):(クリーンハイスクール→アメリカ・3A→東京)
2004年テスト入団。里中の球を軽く合わせるだけで本塁打にしたほどの怪力の持ち主。高校時代は外野手だったが、現在は一塁にコンバートし、主にDHで出場。スタメンと控えを行き来している。

サル(51)
本名猿渡(さるわたり)。2004年テスト入団。遊撃手。右投両打(しかし、右投手相手に右に立つことも多い)。孫悟空の如意棒のような(山田談)極端に長いバットを使用。打撃力は皆無だが、守備・走塁はかなりの実力者。
楽天・真田一球をして「何者だこやつ」と言わしめるほどの殺気を持つ。入団時に一言喋ったきり2年間無口だったが、2006年の日本ハム戦で口を開く。途端に悪猿になり、その試合で常識はずれの一塁内野ゴロでの3点タイムリー三塁打を放つ。2007年のオープン戦では、初めて外野の守備に入った。高校2年まで捕手を務めていた事もあり、山田の負傷離脱中にはマスクをかぶっていた。語尾に「キー」をつける。

外野手[編集]
足利速太(あしかが はやた)(0):(いわき東高校→東京)
2004年テスト入団。緒方と同期。作中でも一、二を争う俊足を持つ。8番中堅でレギュラーだったが、義経にポジションを奪われた。微笑の移籍後は外野のレギュラーに復帰している。
義経光(よしつね ひかる)(3):(弁慶高校→山伏道場→東京)
2006年大学・社会人ドラフト1巡指名で入団。指名当時入団を断ろうとしていたが、土井垣の「投手でなくセンターとして指名した」という言葉に感銘を受け入団を決意。入団後は不動の中堅手として活躍。
微笑三太郎(ほほえみ さんたろう)(7):(明訓高校→巨人→東京→広島→京都)
3番左翼手。1995年、ドラフト3巡指名で巨人に入団。
2010年、深刻な打撃不振に陥り、広島の投手・酒丸諒太とトレードされた。『ドリームトーナメント編』にて新球団・京都ウォーリアーズに移籍し、選手兼任監督に就任。
引用元:東京スーパースターズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA

四国アイアンドッグス(Shikoku Iron-Dogs)は、漫画『ドカベン スーパースターズ編』および『ドカベン ドリームトーナメント編』に登場する架空のプロ野球球団。

捕手[編集]
丸亀 幸吉(まるがめ こうきち)(2):(無名高校→四国)[1]
2004年テスト入団。右投右打。主に7、8番。もう一息で「ドカベン」ということから「トカヘン」と呼ばれたが、2005年プレーオフの敗戦以降「四国のドカベン」と呼ばれるようになる。
2007年にエラーを連発するなど不調に襲われ、一時ポジションを雲竜に奪われた。

内野手[編集]
マドンナ (3)
2004年テスト入団。女性。正岡財閥の一族で、本名は正岡 華子(まさおか はなこ)。1番・三塁手。右投左打(1回だけ右打ちのシーンが描かれている)。殿馬に恋心を抱き、アタックの末に2006年シーズン終了後に結婚した。2007年にはオールスターゲームに初出場し、川崎宗則を差し置いて遊撃手として出場。

播磨矢 大(はりまや ひろし)(44)[1]
2004年テスト入団。左投両打[3]。主に5番・右翼。
高知出身の元僧侶で、実家は寺。六代目住職となる予定だったが、本人はプロ入りを希望し、勘当されている。

雲竜 大五郎(うんりゅう だいごろう)(100):(東海高校→四国)
2005年ドラフト8位で入団。右投両打。9年の空白から転じてプロ入り。相変わらずの怪力で、2006年の開幕戦では看板直撃の特大アーチを放っている。主にDHで出場。
高校時代は投手・右翼手。ミスを連発した丸亀に代わり捕手を務めたこともあったが、正式なポジションは不明。
引用元:四国アイアンドッグス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%9B%BD%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B9