1992 San Andreas【サンアンドレアス】現代S.A.【V】

発売元はテイクツーの日本法人
自転車や戦闘機を操縦
主人公はカール・ジョンソン
舞台は1992年のサンアンドレアス
『Grand Theft Autoサンアンドレアス』(答)
『Grand Theft Auto IV』
『Grand Theft Auto III』
『Grand Theft Auto』
80%

発売元はテイクツーの日本法人
2004年のノース・ヤンクトン
舞台は現代のサンアンドレアス
3人の主人公
『Grand Theft Auto V』(答)

日本版はカプコンがPS2で発売
シリーズで初めて3Dに
2001年のリバティーシティが舞台
主人公はクロード・スピード
『Grand Theft Auto III』(答)


日本版はカプコンがPS2で発売
シリーズ初のマルチエンディング
2008年のリバティーシティが舞台
主人公はニコ・ベリック
『Grrand Theft Auto IV』(答)
『Grrand Theft Autoバイスシティ』
『Grrand Theft Auto III』
『Grrand Theft Autoサンアンドレアス』
39%


アメリカ生まれのゲーム
制作会社はRockstar Games
リバティシティ、バイスシティ
暴力描写が問題視される
『Grrand Theft Auto』

連想
ギャング
殺人犯の濡れ衣を着せられる
サンアンドレアス州生まれの黒人
『Grand Theft Auto』
カール・ジョンソン(答)
引用元:『GTF4』ニコ・ベリック、リバティーシティ | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/38282/

『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』(英名:Grand Theft Auto:San Andreas)はアメリカのロックスター・ゲームズ社(制作はロックスター・ノース)より発売されたオープンワールド型クライムアクションゲーム。グランド・セフト・オートシリーズの第5作目、グランド・セフト・オートIIIシリーズの第3弾にあたる。略称はGTASA。「Rockstar Games Launcher」版もあり、期間限定(2019年10月9日)で無料で購入可能になっている[3]。

2004年10月26日にPlayStation 2北米版が発売され、その後もWindows版、Xbox版と様々なプラットフォームで発売された。

日本語版の発売はホットコーヒー問題によって発売を遅延し、大幅に仕様変更された物が2007年1月25日にPS2で発売された。2013年には、スマホ向けアプリとして完全移植(+α)版も発売された。

概要[編集]
本作の舞台は1992年のアメリカ西海岸の架空の州「サンアンドレアス」である。州内には3つの大きな都市(「ロスサントス “Los Santos”」、「サンフィエロ “San Fierro”」、「ラスベンチュラス “Las Venturas”」)があり、その他にも山岳地帯や砂漠など、シリーズ中で『グランド・セフト・オートV』に次ぐ、広大な範囲を持つ。主人公はカール・ジョンソンという名の黒人であり、彼の家族と彼が所属するギャング団を守るため、サンアンドレアス中を駆け回る。
引用元:グランド・セフト・オート・サンアンドレアス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%82%B9

ホットコーヒー問題(ホットコーヒーもんだい)、または、ホットコーヒー事件(ホットコーヒーじけん)とは、アメリカのテイクツー・インタラクティブ傘下のロックスター・ゲームズ社が開発・発売したクライムアクションゲーム「グランド・セフト・オート・サンアンドレアス(以下、GTASAと表記)」の内容を巡って起こった事件、社会問題である。アメリカでは政治家や各種政治団体を巻き込み、大きな社会問題として取り上げられた。

後日行われた訴訟はホットコーヒー訴訟とも呼ばれる。

この事件は、2005年6月9日に発売されたGTASAのウィンドウズPC版に関して、Modと呼ばれる改造データによって、性行為を行えるミニゲームが明らかになったことに端を発する。

GTASAには、ガールフレンドとデートできるシステムがあり(詳しくはGTASAの記事を参照)、親密度が一定値を超えると、デートの終了時に相手からコーヒーブレイクに誘われる。これをプレーヤーが了承すると、プレーヤーと相手女性による性行為が行われる。この時、通常では2人がいる建物の外しか見られず、喘ぎ声やベッドが軋む音しか聞こえないなど、性行為自体を直接見ることはできない。しかし、当時38歳のオランダ人Mod製作者パトリック・ウィルデンボルフ(PatrickW)が、「HotCoffee(ホットコーヒー)」というModを公開し、これを導入することで、コーヒーブレイクに誘われると性行為のミニゲームが行えた(それは性行為を直接見られるということでもある)。

実は、この性行為のミニゲームは元々ゲームデータとして始めからセットされていた物で、最終的に実装はされず、通常のプレイではまずできない形で封印されていた物であった。「HotCoffee」はあくまでこの封印を解除するためのものに過ぎなかった。ESRBレイティングでは17歳以上向けの「Mature」であったため(「Mature」は直接的な性描写を含んではいけない)、このModが広がるにつれ、アメリカ全体を巻き込んだ大きな問題へと発展する。
引用元:ホットコーヒー問題 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E5%95%8F%E9%A1%8C

『 グランド・セフト・オートV 』(グランド・セフト・オート ファイブ、英:Grand Theft Auto V)は、アメリカのニューヨークにあるロックスター・ゲームス社(GTAV制作はスコットランドのロックスター・ノース)から発売されたオープンワールド型クライムアクションゲームである。グランド・セフト・オートシリーズの第11作目(メインタイトルでは第7作目、ナンバリングタイトルでは第5作目)。略称は頭文字を取って全世界では『GTA5』『GTAV』、日本では『グラセフ5』『グラセフV』などと言われている事もある。今作は、従来の警察、特殊部隊に加えて、米軍も登場する。

アメリカなどでは、アナリストの推測によるとGTAVだけで映画作品の『スター・ウォーズ』や『風と共に去りぬ』などの興行収入30億ドルを遥かに上回る、60億ドルという売り上げを収めて、どんな形態のメディアと比較しても史上最高額の売り上げを上げていると語られている[9]。

アメリカでビデオゲーム史上最高の売り上げを誇るゲーム[10]である。

今作GTAVの舞台は『GTAIV』から5年後の2013年のロスサントス(サンアンドレアス州)を舞台にしている(GTAオンラインは下記)。

2作とも全て「リバティーシティ」が、舞台となるので新シリーズでは初のロスサントス(サンアンドレアス州)である。

メインストーリー
9年前、2004年の冬のノースヤンクトン州・ルーデンドルフにて、マイケル・タウンリー、トレバー・フィリップス、ブラッドリー(ブラッド)・スナイダーら3名による銀行強盗が発生。彼らは多額の現金を奪い逃走を図るが、警察の待ち伏せにより失敗。マイケルとブラッドは射殺され、トレバーは辛うじて逃走に成功した。

そして2013年のロスサントス。射殺されたと思われていたマイケルは非公式の証人保護プログラムを受け、マイケル・デサンタと名を変えて過去を抹消し、妻と長男長女と共に豪邸暮らしを送っていた。だが、強盗時代のスリルと興奮を味わえないマイケルは日々を無気力に過ごしており、妻子は彼に愛想を尽かして不倫や麻薬に走り、デサンタ家は半ば家庭崩壊に陥っていた。
引用元:グランド・セフト・オートV – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88V

『グランド・セフト・オートIII』(グランド・セフト・オートスリー、英名:Grand Theft Auto III)は、アメリカのニューヨークにあるロックスター・ゲームズ社(GTAIIIの制作はスコットランドのロックスター・ノース)から発売されたオープンワールド型クライムアクションゲームである。グランド・セフト・オートシリーズの第3作目(メインタイトルでは第3作目、ナンバリングタイトルでも第3作目)にあたる作品である。略称は『GTAIII』『グラセフIII』。

前作『グランド・セフト・オート2』などは、アラビア数字(『GTAII』とは書かれない)だったが、今作『GTAIII』から、今後のナンバリングタイトルの作品(『グランド・セフト・オートIV』、『グランド・セフト・オートV』など)は、全てローマ数字に、統一された。また、『GTA』、『GTA2』は見下ろし型となっていたが、今作から現在のGTAの様にTPS視点(一部例外あり)となった。今作のパッケージのタイトルロゴは今後のGTAシリーズ、全てに使用されてる事になった。また、次回作から現在まで、『GTAIII』を基本とし、今後のGTAシリーズが構築されていく事になった。

ストーリー[編集]
2001年、ギャング組織コロンビアン・カルテルがリバティーシティにて銀行強盗を決行。

銀行強盗メンバーの一人、組織の幹部であり、今作の主人公である、クロードは逃走の最中にリーダーのカタリーナの裏切りによって、銃で胸を撃たれ、警察に逮捕されてしまう。
そして刑務所への護送中、コロンビアン・カルテルがクロードら犯罪者を乗せた護送車を襲撃する事件が起こる。

その混乱に乗じて逃走に成功したクロードは、数々のメンバーと共にアメリカ最悪の町、リバティーシティの裏社会で多くの悪事をこなして、カタリーナに復讐する事になっていく。
引用元:グランド・セフト・オートIII – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88III

『グランド・セフト・オートIV』(グランド・セフト・オート フォー、英名:Grand Theft Auto IV)は、アメリカのロックスター・ゲームス社(GTAIVの制作はロックスター・ノース)から発売されたオープンワールド型クライムアクションゲームである。グランド・セフト・オートシリーズの第9作目(メインタイトルでは6作目)。略称は『GTA IV』、『グラセフIV』。

概要[編集]
本作の舞台は2008年のアメリカ東海岸の架空の都市「リバティーシティ」である[2]。『III』の発売以来、同シリーズは『III』に関係する作品であったが、本作は前シリーズから独立しており、関連は無い。

リバティーシティは『III』の舞台となり、初代「GTA」などにも登場する架空の都市であるが、本作では大分様変わりしている。 本作からゲームエンジンが一新されRAGEによって製作された。 最新作である「グランド・セフト・オートV』(1億本)に記録を塗り替えられてしまったが、それまでは2,500万本売り上げた作品であった。そして『GTAV』と世界観を共有しており、本作の5年後のサンアンドレアス州ロスサントスが舞台となっている。

ストーリー[編集]
過去の出来事により、とても良いとは言えない人生を送っていた主人公ニコ・ベリックは、リバティーシティにいる従兄弟のローマンから度々メールや手紙を受けとっていた。

スポーツカー、豪邸、女、金、アメリカンドリームの中で暮らしてる、そんなローマンの話を聞いたニコはリバティーシティでなら自分の暗い過去を捨ててやり直すことができるのではないかと思い、リバティーシティのローマンを訪れる。

しかし聞いていた話とは裏腹にローマンの生活は借金とトラブルまみれで、アメリカンドリームとはかけ離れた生活だった。ニコはそんなローマンと共に、本当にアメリカンドリームを実現し、リバティーシティで自分の過去を清算しようと動き始める。
引用元:グランド・セフト・オートIV – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88IV