いろいろとぶち込んでおきました【立花走一郎、立花投馬】

あだち充の漫画『MIX』の
主人公・立花兄弟は双子である
×(答)
◯義兄弟
-%

立花 投馬
CV:梶 裕貴
幼くして母を亡くし、父親が走一郎の母親と再婚したため、走一郎、音美と義理の兄弟になる。誕生日は走一郎と同じ。右投げ右打ち投手。
引用元:キャラクター/相関図|MIX(ミックス)|読売テレビ https://www.ytv.co.jp/mix/character/

立花 走一郎
CV:内田 雄馬
幼くして父を亡くし、母親が投馬の父親と再婚したため、投馬と義兄弟になる。誕生日は投馬と同じだが、10分早く生まれたので兄となる。右投げ左打ち捕手。
引用元:キャラクター/相関図|MIX(ミックス)|読売テレビ https://www.ytv.co.jp/mix/character/

制作背景[編集]
「明青学園をもう一度、甲子園に連れて行ってください」との担当編集者からの希望を受け連載が決定。担当はちょうど達也たちの子どもが高校生になっているころだと思い立ち、長年温めていた新連載の案を出した。だがあだちは常々自作の続編は描かないと公言しており、あくまで同じ世界観と舞台の作品を依頼するに留める。再び同じ舞台を描くことに当初あだちは乗り気ではなかったものの、明青学園の校舎のモデルであり自身の母校でもある前橋商業に久しぶりに赴き、時間の変化のようなものが描けるかもしれないと思ったことから、現在の明青学園を舞台とする連載を引き受ける[4][5]。『MIX』は「古豪復活の物語です」[6]という。

本作であだちは面白いと思える要素を既に手がけたかどうかに囚われずに、現在の感性で描きあげることを目指している。「血の繋がらない兄妹という『みゆき』の要素とか、もういろいろとぶち込んでおきました」[5]とし、『タッチ』以外からも要素の取り入れを明言。タイトルの『MIX』とは過去作の要素のミックスを意味する[4]。当初『タッチ』の続編という意識はなかったといい[注 2]、「達也と南の『その後』に関してはすごく良いアイデアが浮かんだら描くかも」[6]と言葉を濁している。明青学園の今の世代の話として気楽に始めた連載であり、ファンからの反響の大きさで意識が変わった部分はあるが、『タッチ』のキャラクターの登場も含めて先の展開は未定だという。変に裏切ったりするのは嫌だし想像を刺激する部分は刺激させてあげようという感じとのこと[4][7]。現在のところ上杉達也と浅倉南は回想のみでの描写であり、最終話後の動向は描かれていない。サブキャラクターに関しては『タッチ』や世界観を同じくする『みゆき』から数名が再び登場し、作中での現状が描かれている。

なお『タッチ』のアニメ版独自の続編は、本作と全く関係がない。アニメスタッフからの要望を受け制作の許可を出したが、“ノー・タッチ”であるため、あだち充は原作でなく原案とクレジットされている[4][8][9]。
引用元:MIX (漫画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/MIX_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)