【夕飯です】

次のTVアニメ
『宇宙戦艦ヤマト』に
登場するガミラス帝国の武器を
登場した順に選びなさい
遊星爆弾
反射衛星砲
デスラー機雷
36%

081rOdJPxikfe
アニメ『宇宙戦艦ヤマト』に登場
するガミラス帝国の国家元首は
デスラー総統ですが
副総統は◯◯? ◯を答えなさい
ヒス(答)
引用元:「ヒス」 『宇宙戦艦ヤマト』ガミラス帝国副総統 ナチス「ルドルフ・ヘス」由来 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/9118/

044xeCpKsvBtn
敵は大ウルップ星間国家連合
宇宙空母ブルーノアも登場
石原慎太郎が制作に参加
2009年に劇場公開
『YAMATO2520』
『ヤマトよ永遠に』
『宇宙戦艦ヤマトIII』
『宇宙戦艦ヤマト 復活編』(答)
『宇宙戦艦ヤマト 完結編』

CIMG4603
CIMG4604
アニメ『宇宙戦艦ヤマト』で
ヤマトの艦首から打ち出す
必殺兵器は波動砲ですが

『宇宙空母ブルーノア』で
ブルーノアの艦首から打ち出す
必殺兵器は◯◯◯砲?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
はんようし(答)
「反陽子砲」
引用元:『宇宙戦艦ヤマト復活編』 石原慎太郎も参加 「完結編」の続編 「反陽子砲」『宇宙空母ブルーノア』 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/15722/

遊星爆弾(ゆうせいばくだん)は、アニメ『宇宙戦艦ヤマト』『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場する架空の兵器。

概要[編集]
ガミラス帝国が使用する惑星間小惑星攻撃である。

小惑星や隕石を標的となる惑星に落着させ生命体や生態系に多大な被害を及ぼす。また、この兵器は地球をガミラス人の生活に適した放射能の豊富な環境に改造するという役割も持っている。

西暦2190年代初頭から始まった惑星間小惑星攻撃により、地球上の海は蒸発し、地上の生命を死滅させるという破壊と殺戮の限りを尽くす。
引用元:遊星爆弾 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8A%E6%98%9F%E7%88%86%E5%BC%BE

反射衛星砲(はんしゃえいせいほう)は、『宇宙戦艦ヤマト』『宇宙戦艦ヤマト2199』『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』に登場する架空の兵器。『宇宙戦艦ヤマトIII』では改良型の新反射衛星砲が登場する。

ガミラス帝国の冥王星前線基地に配備されていた、拠点防衛用エネルギー[注 1]兵器。デザイン担当は松本零士。

冥王星基地の海底に設置された単装砲から衛星軌道上にある反射衛星(人工衛星)に向けてエネルギーを発射し、衛星の反射板の角度を調整して任意の方向へ反射させて自在に照準を行うことができる。また、複数の反射衛星を経由することで、惑星の裏側にも攻撃が可能であり、惑星地表から衛星軌道に至るまで事実上死角がない[注 2]。目標が反射衛星砲本体から直接照準できる位置にあれば、反射衛星を使わず直接攻撃することも可能である。

透明ドームに覆われた砲本体のデザインは、つぼみの閉じたチューリップ状[注 3]で全周旋回が可能になっている。反射衛星は発射態勢に入ると4枚の反射板を展開し、砲から受けたエネルギー放流を正確に反射させる。後に真田志郎は、この反射衛星をヒントに秘密裏に空間磁力メッキを独自開発している。

冥王星前線基地司令官シュルツは「射程は波動砲より短いが破壊力は上」と劇中で語っているが、実際の劇中描写では数発命中させてもヤマトを撃沈できないなど、威力が高く描かれてはいない[注 4]。

目標が海中にある場合には、海面でビームが反射してしまい届かない[1]。また、反射衛星は敵にもその位置や軌道が露呈していることから、おおよそ攻撃が加えられる方向や、反射板の展開により発射タイミングが把握されるなどの欠点が存在する。

劇中では第7話と第8話に登場する。冥王星基地を叩きに来たヤマトに連続攻撃を加え、一度は冥王星の海に沈めるが、ヤマトを囮として排気塔を見つけ出し、基地内部に侵入した古代進や真田ら特別攻撃隊によって、砲を爆破される。その爆発は大津波を引き起こし、冥王星基地も水没して壊滅する。
引用元:反射衛星砲 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E5%B0%84%E8%A1%9B%E6%98%9F%E7%A0%B2

デスラー機雷(デスラーきらい)は、アニメ「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」に登場する、ガミラス帝国の武器。

本項では、『宇宙戦艦ヤマト』に登場するデスラー機雷のほか、テレビスペシャル『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』に登場する新デスラー機雷(しんデスラーきらい)や、『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作品『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場するデスラー魚雷(デスラーぎょらい)についても記述する。

デスラー機雷[編集]
『宇宙戦艦ヤマト』に登場。電磁波を発しながら目標に向かって自動的に動くホーミング機雷の一種。球状の本体に角のようなものがついた形状をしており、緑色の子機雷と、それらを制御する赤いコントロール機雷の2種類が存在する[1]。ガミラスの科学の粋を集めて作られており、名称には総統であるデスラーの名を戴いている[1]。

コントロール機雷の角から発信される発信用の電磁波で、機雷を目標に向かって動かせる。この移動能力によって敵艦の回避を妨害するほか、機雷原をすり抜けようとした艦を包囲することも可能。また、単純な接触だけではなく、各機雷が発する電磁波によっても起爆できるようになっている[1]。

しかし、人力による排除や無力化などへの対策が考えられていないという欠点がある。これはガミラス人がその可能性をそもそも至らなかったためで、劇中でヤマトの乗組員が人力によって排除した行動を、アニメではデスラーが「野蛮人の素朴な発想」、松本零士の漫画版ではヒスが「我々には想像もつかない方法」と評した。

劇中ではヤマトを機雷原の中に閉じ込めて追い詰めるが、真田志郎とアナライザーがコントロール機雷を発見・解体して電磁波放射能力と移動能力を喪失させられ、そのまま人力で突破口を作られた。
引用元:デスラー機雷 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC%E6%A9%9F%E9%9B%B7