【1st】霊気【2nd】霊輝、霊麒

次のうち、漫画
『ゴッドサイダーセカンド』の
主人公を全て選びなさい
鬼哭霊麒(答)
鬼哭霊気
鬼哭霊輝(答)
52%

『ゴッドサイダー』 (GOD SIDER) は、巻来功士による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1987年から1988年まで連載された。外伝的作品として『鬼哭忍伝霊牙』(きこくにんでん れいが、『オースーパージャンプ』〈集英社〉連載)、パラレルワールド的作品として『ゴッドサイダーセカンド』(『週刊コミックバンチ』〈新潮社〉連載)がある。

『月刊ヤングチャンピオン烈』(秋田書店)2010年11号から2013年10号まで『ゴッドサイダーサーガ 神魔三国志』が連載された。

鬼哭一族[編集]
太古から、神と悪魔の間に生まれた、神と悪魔の血を持つ一族。また、災いを呼ぶと恐れられる一族。

鬼哭霊気(きこく れいき)
主人公。鬼哭一族の生き残りで「サタンの息子」と呼ばれる。
高野山密教鬼哭寺にて行仁和尚によってひそかに育てられる、その強大な力ゆえに行仁によって記憶と人格を封印され「レイキ」という少年として過ごしていたが、鬼哭寺に侵攻してきたデビルサイダー、ドゥーインの瘴気を浴びて封印が解け、神と悪魔の間の子として目覚める。
神と悪魔、双方の血を持つ為、瘴気の力と光の力を両方扱うことができる。覚醒当初は圧倒的なデビルサイダーとしての力に、行仁をして「第二のサタンをめざめさせたのかもしれない」との危惧を与えた。
覚醒した後はサタンの血を引く己の存在に悩みながらも、「人間の為」に戦う事を選び、サタン復活を目論むデビルサイダーと死闘を繰り広げる。
引用元:ゴッドサイダー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC

セカンドの鬼哭一族[編集]
鬼哭霊輝(きこく れいき)
『ゴッドサイダーセカンド』第1 – 2部の主人公。神と悪魔の血をあわせ持つ、鬼哭一族の末裔。セカンドにおける「智」を司る十天闘神・毘廬遮那(バイローチャナ = 大日如来)の戦士。第2部終盤で死亡。
鬼哭霊麒(きこく れいき)
『ゴッドサイダーセカンド』第3部の主人公。霊輝と智子の間に生まれた子供。育ての親はベルゼバブだが、ある事件をきっかけにゴッドサイダーに目覚め、十天闘神・毘廬遮那を受け継ぐ。モチーフは麒麟。
鬼哭智子(きこく ともこ)
霊輝の幼馴染であり、妻であり、そして霊麒の実の母。セカンドにおける「願」を司る十天闘神・弥勒菩薩の戦士。デビルサイダーに捕まり悪魔皇帝(後にゴッドサイダーに変化する)ベリアルとも関係あり。
引用元:ゴッドサイダー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC#%E3%82%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E9%AC%BC%E5%93%AD%E4%B8%80%E6%97%8F