【同じ】あしたのジョー、めぞん一刻

次のうち
TVアニメの最終回と
漫画の結末が異なる作品を
全て選びなさい
『あしたのジョー2』
『めぞん一刻』
『幽★遊★白書』(答)
『魁!男塾』(答)
『エスパー魔美』(答)
『キテレツ大百科』(答)
『ハイスクール奇面組』(答)
『タイガーマスク』(答)
『うる星やつら』(答)
『デビルマン』(答)
31%

『あしたのジョー』 は高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画による日本の漫画作品。ボクシングをテーマにしたスポーツ漫画である。

講談社の『週刊少年マガジン』に、1968年(昭和43年)1月1日号(発売日は1967年(昭和42年)12月15日)から1973年(昭和48年)5月13日号にかけて連載された。

原作が完結して何年も経ってから整理された制作なので、矛盾点もクリアされており、登場人物の心理表現も丁寧に描かれている。特に終盤のテレビ関東による世界バンタム級1位のレオン・スマイリーとのマッチメイクや、WBA王者カロルド・ゴメスとWBC王者ホセによる王座統一戦のくだりなどは、よりリアルにプロボクシングの世界を描きたいという意図[11]からの追加で、オリジナルの部分からは主に監督である出﨑統が「「あしたのジョー」という作品世界をどのように解釈しているか」がうかがえる。ほとんどの話数で絵コンテを担当しているさきまくらは出崎統の別名義である。なおサブタイトルには第4話と第33話を除く残りすべてに「…」が挿入されている。
引用元:あしたのジョー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC

原作とアニメ版の相違点[編集]
原作が青年誌に連載されていたこともあって、性に関する発言やラブホテルに入る場面やベッドシーンなどをアニメでは表現の自主規制で描かなかったり、間接的な表現に変更されている[2]。ただし、26話までに性に関する発言やお色気描写が描かれることがあった。
こうした性的な描写を除き、放送時の時代背景や季節に合わせた原作の変更の多かった前作『うる星-』の良さは生かされず、本作はできるだけ原作に近いアニメ化を目指すことになった。これにより26話までは原作に忠実に話が進んだものの、放映日のタイミングと大幅に季節感のずれたエピソードが放映されるような事態になり、一般の視聴者から苦情が寄せられた。そのため、メインスタッフの交代に合わせて、27話からは正月に初詣に行くエピソードを夏祭りに差し替えたり、夏にビアガーデンでアルバイトする話を冬の居酒屋でアルバイトする話に変更するなど、初回放映時期に近い形に修正された。
エピソードは原作をなぞっているが、キャラクターの設定や心情描写が変更されたり、追加された。特に、ヒロインの音無響子の性格が原作とアニメでは多少異なる。原作では基本的には清楚であるがその反面、五代裕作の女性関係に触れるとヤキモチを焼いて意地悪な言動をする。26話まではほぼ原作通りであったが次回以降では意地悪な言動が縮小され、さらに清楚・おしとやか・母性的なキャラクターになっており、言動もそれにともなって変更されていることが多い[3]。これらの変更により、五代裕作が骨折するエピソードなど一部は原作とニュアンスが変わっているほか、描かれなかった。
テレビアニメ版では二階堂望は一切登場しなかったが、映画版では登場する。
引用元:めぞん一刻 (アニメ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%81%E3%81%9E%E3%82%93%E4%B8%80%E5%88%BB_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1)

製作[編集]
監督の阿部記之は魔界トーナメント編のオリジナルストーリーを、アニメ制作当時完結していた原作から推測して付け足した、アニメの終わりは関係者間で話し合って原作アニメ化作品の意義を尊重した、とインタビューで述べている[72]。
引用元:幽☆遊☆白書 (テレビアニメ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BD%E2%98%86%E9%81%8A%E2%98%86%E7%99%BD%E6%9B%B8_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1)

アニメ[編集]
1988年2月25日から同年11月14日まで、フジテレビにて『北斗の拳2』の後番組として放送された。キャッチフレーズは主人公・桃の声で「観ねえ奴は、男じゃねえぜ!!」。全34話。

アニメ化に当たっては、とりわけ原作の特色の一つだった軍国主義的な描写が変更になり、また危険な描写も緩和されている。アニメ独自の解釈が折り込まれているが、放送当初からPTAの抗議が絶えず、中盤以降は放送取り止めを叫ぶほどに激化したという。結局、大威震八連制覇編で放送は終了することになり、第31話にて第2戦途中から最終対決までの経過をダイジェストで進める強引な手法がとられた。また次回予告は第28話まで桃が日々男を磨いている友人の失敗談を話したり、視聴者からの便りを読みそれに桃たちが答えるという形式となった。のちに『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク! 魁!!男塾芸人』(2011年8月11日放送)で紹介され、同様の次回予告を剣桃太郎(堀秀行)が担当した。

最終回は大威震八連制覇から1か月後、男塾に戻る桃、富樫、虎丸、Jら一号生が桜吹雪の中を歩きながら入塾以来の一年を振り返る総集編となっている。
引用元:魁!!男塾 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%81!!%E7%94%B7%E5%A1%BE

ストーリー上の特徴
30分1話完結をベースとするが、「学園暗黒地帯」のみ、原作同様にアニメ版でも2話(前篇・後篇)で一つのエピソードを構成する形が取られた。このほか、第16話「魔女・魔美?」のラストは次話「地底からの声」の導入部へストーリーを繋げる形としている。

「藤子不二雄ワイド」枠時代は第27話の「星空のランデブー」を除き原作にあるエピソードのみであったが、単独枠移行後から多くアニメオリジナルエピソードが使用されるようになる。原作にあるエピソードでも、結末を丸く収めるような形に改変したり(第16話「魔女・魔美?」や第91話「リアリズム殺人事件!?」)、各話の季節感を放送時期に合わせたケース(例として第83話「生きがい」は原作では夏の話を冬とした)がある。

原作の中で、「黒い手」と「ずっこけお正月」[26]、「サブローは鉄砲玉」はアニメ化されていない[27]。原作からのストーリーは後述の映画を含めて1989年の放送枠移動までに消化している。最後の原作アニメ化は「くたばれ評論家」(第94話)だった。ちなみに原作の最終回にあたる「パパの絵、最高!」はそれより早い第82話でアニメ化されている。

1989年春の放送枠移動以降はすべてアニメオリジナルストーリーで、最終回は魔美の父・十朗がフランスに絵画留学する話となった。
引用元:エスパー魔美 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC%E9%AD%94%E7%BE%8E

原作との結末の差異[編集]
原作では、ママの手違いで大百科がゴミに出されて、くまなく探したものの、焼却され灰になってしまったのを機に「今度は自分が発明品を考えていく番だ」とキテレツが自覚するところで終了するが、アニメ版では以下のように大きく変更された。

大百科が空き巣に盗まれ、空き巣の男が大百科をゴミ収集車に投げ入れていたことを熊八から聞き、愕然とするキテレツ。その後、奇天烈斎に大百科を貰うために過去の世界(江戸時代)へ行き、キテレツは奇天烈斎と出会う。その際コロ助が奇天烈斎の亡き息子をモデルに設計されたという事実が判明する。結果としてコロ助は過去に残って奇天烈斎と共に暮らす決心をするという、原作にはなかったキテレツとコロ助の別れという展開が描かれた。なお、キテレツが「今度は自分が発明品を考えていく番だ」と自覚する部分は原作とほぼ一緒である。なお、初期のアニメエピソードでキテレツが「大百科のデータは全て(自分の)パソコンに入れてある」と言っているエピソードがあるが、一度パソコンのデータを誤って消去したことがあり、それ以降データを入力したという描写はない。
引用元:キテレツ大百科 (アニメ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%84%E5%A4%A7%E7%99%BE%E7%A7%91_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1)

アニメ版の終了
1987年9月19日に総集編として「緊急指令!全員集合せよ!!」が放送されたあと、翌週9月26日に最終回として「一応高の人気もの ひょうきん奇面組解散」が放送された。最終回は完全なオリジナルエピソードとして制作され[注 18]、最後の「奇面組は永遠に不滅です!」というメッセージとともに幕を閉じた。
引用元:ハイスクール!奇面組 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB!%E5%A5%87%E9%9D%A2%E7%B5%84

原作と最も大きく異なっているのが最終話である。アニメ版の最終話は、「虎の穴」のボスが自らマスクを被り、最強最後の悪役レスラー「タイガー・ザ・グレート」として、タイガーマスクの前に現れ、直接対決の試合に挑む。タイガーは、最初はいつものように反則技に耐えてクリーンな試合をするが、タイガー・ザ・グレートは裏切り者であるタイガーを抹殺しようと殺意剥き出しで凶悪な反則技を連発する。そして、タイガーは、グレートの顔面への凶器攻撃を間一髪で避けるが、その時にマスクが完全に脱げてしまい、正体が伊達直人であることが白日の下に晒されてしまう。素顔をさらされた伊達直人は、涙を流しながら高々と笑い、グレートに対し「虎の穴からもらったものをたたき返してやる。それで俺は伊達直人に返るのだ」と宣言し、グレートを上回る容赦ない反則攻撃を繰り出し、ついにはジャイアント馬場、アントニオ猪木の制止すら無視して止めを刺してしまう。だが、試合後に冷静になり、リングにおける自らの行いを恥じた伊達直人は、日本を去るという形で物語は終わる。
引用元:タイガーマスク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF

後半では「原作に忠実にしたい」とやまざきは当初うたったものの、演出面での押井作品との違いや、作画スタッフなどの交替、原作の人気エピソードのほとんどを消化した、などのさまざまな要因から、結果的に原作の完結を待たずにアニメの方が1年ほど早く放送を終了する形となった。最終回も、原作ではその後1巻分を使った壮大な追いかけっこが描かれたが、テレビでは最終回でなくとも成立する「アマテラス宴会」のエピソードに絡めて、オールキャラクターが一堂に会し、ドタバタに終わらせる形での終了となる。テレビシリーズが原作の終了を待たずに終わったことは熱烈なうる星ファンに顰蹙を買い、プロデューサーの落合茂一の自宅には毎日のように無言電話やチャイムの押し逃げなどのいやがらせが殺到した。落合は後にこれを「わが人生最悪の日々」と語っている。原作の最終エピソード「ボーイミーツガール」はその後、1988年に劇場版『うる星やつら 完結篇』として製作・上映された。
引用元:うる星やつら (アニメ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%82%8B%E6%98%9F%E3%82%84%E3%81%A4%E3%82%89_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1)

テレビ版概要[編集]
漫画版は人間・不動明がデーモン族を吸収する形でデビルマンとなった(デーモンの力を持った人間)のに対し、テレビアニメ版は主題歌に歌われているように「人類滅亡をもくろむデーモン族の妖獣とデーモン族の裏切り者であるデビルマンが人間を守るために戦う」というストーリーで、不動明は体も意識もデーモンに乗っ取られている(人間の姿をしたデーモン)という基本設定が漫画版とは大きく異なる。

作者の個性によって設定が拡大し、終末テーマの大作SFへと発展していった漫画版に対して、テレビアニメ版はデビルマンが妖獣と戦う一話完結のストーリーという基本線を守り続け、ヒーローものとしてのスタンダードな展開を最後まで全うした。ただしほとんどのエピソードの脚本を手掛けた辻真先が永井豪作品のファンであり、そのテイストを意識してストーリーを展開したため、「勧善懲悪に終わらない毒のあるストーリー」「ギャグやブラックユーモアも交えた展開」など、永井作品の特色は充分に生かされていた。「戦中族」を自認する辻真先によると本作は「中国大陸で脱走した日本兵が、娘を守って日本軍をやっつける話」とのこと。脱走した日本兵はいずれ処刑される運命であり、漫画版に劣らない悲惨な最期である事が示唆されている[26]。

物語はデーモン族との決着がつかぬまま終了し、約4か月後に公開された映画『マジンガーZ対デビルマン』においてその後もデーモン族と戦い続ける姿が描かれている。
引用元:デビルマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3

原作との相違点[編集]
原作に散見されたギャグ色を排し、全編にわたって重厚なシリアスドラマとして構成されている。ルイ15世臨終時の天然痘に冒された醜い姿や、アランの妹ディアンヌの無残な屍など、原作にあったグロテスクな表現などはソフトな表現に緩和される一方で、第35話に『宇宙戦艦ヤマト』のデスラー総統とおぼしき人物が青い肌色のまま登場したり、デモのたて看板のいたずら書きなど、スタッフによる悪ふざけも垣間見られる。

原作ではジャルジェ将軍と犬猿の仲とされたブイエ将軍を親友同士にするなど、人物設定を原作から変更されている人物も多い。ロベスピエールに至っては容姿も性格付けも別人になっている。オルレアン公は元々原作から容姿が変更されている上、市川治が演じた時と仁内建之が演じた時でやはり性格も変更されている。オスカルが父親であるジャルジェ将軍が自身を人形扱いしていると嫌悪する姿は削除され、縁談の時もジャルジェ将軍は人生を歪めてしまったことを謝罪して、女性としての幸福を与えようとする心情を吐露する父と娘の姿が描かれた。
引用元:ベルサイユのばら – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%A6%E3%81%AE%E3%81%B0%E3%82%89

なおテレビアニメ版の最終回は漫画版終了前の放送であったため、原作の結末とも映画版の結末とも違う独自の展開となっているが、終着駅の消滅とそれに伴うプロメシュームの死、メーテルとの別離という基本的な流れは踏襲されている。
引用元:銀河鉄道999 (アニメ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E9%89%84%E9%81%93999_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1)