【脳多有】

漫画『メトロポリス』などに
登場する手塚治虫の脇役キャラ
ノタアリン(答)
9%

ノタアリン
「ワラバイ(吾輩)はノータリンじゃない、ノタアリンだ!」とわめく、ドタバタ的な科学者キャラクター。禿げ頭に一本だけ立った髪の毛とちょび髭が特徴である。『メトロポリス』(1949年)の警察署長役でデビューした。『漫画大学』(1950年)のナンデモカンデモ博士が当たり役となり、『漫画生物学』(1956年)、『漫画天文学』(1957年)など多数の作品に出演した。
引用元:手塚漫画のキャラクター一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%8B%E5%A1%9A%E6%BC%AB%E7%94%BB%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E4%B8%80%E8%A6%A7