ゲゲル【リントを殺す】

特撮番組『仮面ライダークウガ』
で、定めれれた時間内に
定められた人数の人間を殺す
グロンギのゲームを何という?
イゲンガ
レムルエ
ゲゲル(答)
41%

ゲゲルとは、『仮面ライダークウガ』に登場するグロンギ族(未確認生命体)の行う殺人行為である。

概要
ゲゲルとはグロンギ語であり、現代語訳すれば「ゲーム」となる。つまり、リント(人間)を狩る殺人ゲームである。

ゲームであるだけに制限時間と殺害目標人数が設定され、その達成を目指してプレイヤーは殺人を行う。
グロンギ族にとってゲゲルは重要な意味を持つ行為らしく、「一度に一人しか挑戦できない」「挑戦者以外はリント(人間)を殺害してはならない」というルールが存在する。これを破った者はゲゲルへの挑戦権をはく奪されることとなる。実際、無用な殺人を犯したズ・ゴオマ・グはゲゲルの権利を剥奪され、その後もゲゲルに参加させてくれとラ・バルバ・デに何度も懇願したが全部却下されている。
ちなみにこれは特撮作品における「一度に一体の怪人しか登場しない」ことへの理屈付けとなっている。
引用元:ゲゲルとは (ゲゲルとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B2%E3%82%B2%E3%83%AB

「仮面ライダークウガ」とは、2000年1月30日より2001年1月21日までテレビ朝日系列にて放送された、平成仮面ライダーシリーズの第一作目である。原作は故・石ノ森章太郎、制作は東映。

A New Hero. A New Legend.
マイティフォーム仮面ライダークウガのメインコンセプトは、それまでの特撮ヒーロー番組における様式美的お約束事項に対して、可能な限り破綻の無い解釈でフォローしつつ、それらに縛られず新たな展開を生み出すというこだわりにある。

また、主人公・五代雄介は、とりわけたくましい外見をしているわけではないが、弱音を吐かず、自らに与えられた役割と使命を理解して行動する典型的なヒーロータイプ。「笑顔を守る為に戦う」と他人の為に自己犠牲を厭わぬその姿勢に、「完璧超人過ぎて真似できないが憧れる人物」として多くの視聴者からの共感を得た。

その独特の作風は、ファン層の拡大や玩具展開含めてクウガ以降のシリーズの指標のひとつになっている。

あらすじ
超古代。
邪悪な力で異形の怪人に変身する戦闘集団「グロンギ」によって滅亡の危機に瀕していた古代民族「リント」は、人間を超変身させるベルトを創りだして戦士クウガを誕生させ、グロンギを撃退・封印した。

西暦2000年。
日本アルプスの九郎ヶ岳遺跡内に置かれた棺が暴かれた事から、封印されていたグロンギが復活した。次々に人々を襲い始めるグロンギ。青年、五代雄介は、遺跡から別に発掘されていた謎のベルトからイメージを察知、戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守る為に異形の怪人達と戦う!
引用元:仮面ライダークウガとは (カメンライダークウガとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%AC