ミチコ・マランドロ

アニメ『ミチコとハッチン』で
ミチコに「ハッチン」という
名前で呼ばれている、主人公の
ひとりである少女は?
ナー・モスノハレ
ハナ・モノーレス(答)
22%

ハナ・モレーノス
はなものーれす

ハナ・モノーレスとは、『ミチコとハッチン』の登場人物。通称:ハッチン。

概要
本作のもう1人の主人公。ヒロシの一人娘。物語開始時9歳、第7話終盤で10歳になった。名前で呼ばれる事を嫌がった為、ミチコ・マランドロに「ハッチン」(もしくは「ハチ」)と呼ばれ、逃亡後はそれが通称となっている(ミチコと別行動をとる際は本名を名乗る)。物心が付く前に里親に預けられるも、そこで酷い仕打ちを受け、いつか家を離れて自由になりたい反面、厳しい現実を前に半ば諦めていた時に、自身の母親と名乗るミチコが現れ、以後彼女と行動を共にする。真面目で芯が強いが、どこか冷めた所もある。ミチコを頼りにしているが、平然と罪を犯し、後先考えずに騒動を巻き起こす点にはついていけない模様。元々は女の子っぽい服が嫌い11]で、当初はリボンで髪をツインテール風に纏めていたが、逃亡後は髪を短く切りボーイッシュな格好にしている。
引用元:ハナ・モレーノス (はなものーれす)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%82%B9

『ミチコとハッチン』は日本のアクション・ロードムービー風アニメ作品。マングローブ制作。2008年10月15日 – 2009年3月18日までフジテレビ他にて放送された。なお、この作品から、フジテレビの水曜深夜アニメ枠に「NOISE」というブランドを冠し表示している(番組冒頭及びアイキャッチ時に表示)。

ストーリー
舞台は、太陽と原色に溢れる国。そこは貧困によって街は荒廃している上に、国を出た先は荒野が広がる危険な無法地帯。そんな中で、人々の心は欲望に満ち溢れていた。その国で暮らす少女ハナ・モレーノス(通称:ハッチン)は、養家の家族から酷い仕打ちを受けており、密かに家を出て自由に暮らす事を望むが、自ら行動を起こせず、ただ、いつか誰かが迎えに来てくれる事を祈るばかりであった。

しかしある日、ハッチンの前に脱獄不可能と言われた監獄要塞を突破した謎の美女ミチコ・マランドロが、突如現れる。彼女はハッチンの母親を名乗り、ハッチンを誘拐して逃亡。訳も分からず、ミチコに着いていくハッチンは、彼女に翻弄されつつ、旅に同行する事になる。
引用元:ミチコとハッチン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%81%E3%82%B3%E3%81%A8%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3