【新説】銀河英雄伝説 Die Neue These

次の文字列を順に選んで
2018年4月より放送の
TVアニメのタイトルにしなさい
銀河英雄伝説
Die
Neue
These
21%

文字パネル
「古い絵画館」という意味があるドイツのミュンヘンにある美術館は「○○○・ピナコテーク」?
アルテ(答)
「アルテ・ピナコテーク」
Alte Pinakothek

ですが、「新しい絵画館」という意味のドイツのミュンヘンにある美術館は「○○○・ピナコテーク」?
ノイエ(答)
「ノイエ・ピナコテーク」
Neue Pinakothek

連想
フランス語の品詞
neuf
beau
grand
形容詞(答)


ギリシャ語で「彫刻館」という
意味がある、1830年にドイツの
ミュンヘンに開館した古代彫刻
専門の美術館は?
ューグプトクテリ
グリュプトテーク(答)
Glyptothek

【イントロダクション】
「銀河英雄伝説」は、遙か未来の宇宙を舞台にしたSF小説です。
数々のヒット作を生み出した人気作家、田中芳樹の代表作で、1982年に第1巻が刊行されて以来、本伝10巻、外伝5巻の大長篇小説として、累計1500万部のセールスを記録。今なお増刷が続いています。1988年からはアニメシリーズが本伝110話、外伝52話、長篇3作という圧倒的なボリュームで展開され、さらに多くのファンを獲得しました。当時、日本で活躍していた声優のほとんどをキャスティングし、別名「銀河声優伝説」とも呼ばれた本作は、30年近く経った現在でも根強い人気を誇っています。
 そして、このたび「攻殻機動隊」シリーズ、「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズなど、数々の話題作を手がけたProductionI.Gが、原作小説『銀河英雄伝説』を第1巻「黎明篇」から順に、改めて新作アニメーションとして制作するプロジェクトが始動しました。
 新アニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」は、ファーストシーズンの12話を
「邂逅」として2018年4月から6月までTV放送。セカンドシーズンの12話を「星乱」として4話ずつ全3章に構成して2019年に映画館でイベント上映いたします。

【CAST】
ラインハルト・フォン・ローエングラム:宮野真守
ヤン・ウェンリー:鈴村健一
ジークフリード・キルヒアイス:梅原裕一郎
引用元:『銀河英雄伝説 Die Neue These』特報 – YouTube https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=CeKT-LytxVQ

『銀河英雄伝説』(ぎんがえいゆうでんせつ)は、田中芳樹によるSF小説。また、これを原作とするアニメ、漫画、コンピュータゲーム、朗読、オーディオブック等の関連作品。略称は『銀英伝』(ぎんえいでん)。原作は累計発行部数が1500万部を超える[1]ベストセラー小説である。1982年から2019年1月までに複数の版で刊行され、発行部数を伸ばし続けている。

アニメ『銀河英雄伝説 Die Neue These』(2018-)
『銀河英雄伝説 Die Neue These』(ぎんがえいゆうでんせつ ディ・ノイエ・テーゼ)は、2018年よりProduction I.G(以下「I.G」)および松竹が共同製作・展開するアニメーション作品(I.Gはアニメーションを実制作する)。前述した石黒版とは製作体制およびキャスト・スタッフを一新し、ほぼ関連性はない[21]が、石黒監督版に関わった3社もスタッフに参与している。副題の『Die Neue These』は「新論」、意訳で「新説」を意味する。

第1シーズン『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』(ぎんがえいゆうでんせつ ディ・ノイエ・テーゼ かいこう)は、テレビアニメシリーズとして2018年4月から6月まで各放送局で放送[22][23]。第2シーズン『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』(ぎんがえいゆうでんせつ ディ・ノイエ・テーゼ せいらん)は、2019年に全国の映画館でイベント上映予定[24]。全12話を3章に分け、9月27日、10月25日、11月29日に上映される。
引用元:銀河英雄伝説 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E8%8B%B1%E9%9B%84%E4%BC%9D%E8%AA%AC

こんにちは、ひかるこです。

ドイツ語を学ぶ際に多くの人が苦労するのが定冠詞der,die,dasの使い分けですね。
derは男性名詞、dieは女性名詞、dasは中性名詞に用いられます。

そもそも名詞に性別があるという概念に戸惑う方も多いのではないでしょうか。
私は初めて「女性名詞、男性名詞」という言葉を聞いたときには主に女性が使うもの(化粧品やキッチン用品等)が女性名詞で、主に男性が使うもの(髭剃りや工具等)が男性名詞なのかな~という印象を受けたんですが、見事に大外れでしたね。
机は男性、バッグは女性、水は中性というように名詞そのものに性別があるという感覚を受け入れるのに少し時間がかかりました。
そして、mädchen(女の子)が中性名詞であることへ憤りすら感じていました(笑)
引用元:ドイツ語 der,die,dasの見分け方 – Alles gute(全て良い@独語) でいきましょう。 https://blog.goo.ne.jp/hundekatze/e/efe7814bcf279d431a1acf2fcaf6730c