奥山玲子

東映動画出身のアニメーター
夫はアニメーターの小田部羊一
引退後は銅版画家に
朝ドラ『なつぞら』のモデル
山本善次郎
奥山玲子(答)
森康二
楠部大吉郎
-%

任天堂の「マリオ」シリーズの
公式イラストを手がけています
小田部羊一
こたべよういち(答)

次のアニメ映画を
公開が古い順に選びなさい
『白蛇伝』
『西遊記』
『太陽の王子ホルスの冒険』
31%

引用元:『白蛇伝』『西遊記』『太陽の王子ホルスの冒険』 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/47354/

スロット
晩年は「日本映画界のドン」とも呼ばれた、『網走番外地』シリーズなどで知られる東映の映画プロデューサーは?
岡田茂(答)
1924.3.2生

スロット
1982年9月の取締役会で三越の社長を解任された人物でその時に発した「なぜだ!」という言葉は流行語になったのは?
岡田茂(答)
1914.8.3生

216erphgdlsgd
1917年6月に公開され、現存する
日本最古のアニメ映画である
『なまくら刀』とも呼ばれる
幸内純一制作の短編アニメは?
巻塙名凹刀之内
塙凹内名刀之巻(答)
はなわへこないめいとうのまき
16%

cimg3038
1928年に北沢楽天が
「時事漫画」に連載した
日本初の少女を主人公とした
漫画は『とんだ◯◯子』?
はな
かし
みね
はね(答)
『とんだはね子』

CIMG2745JZeCQkkpDmCm
1958年に日本テレビで放送された
テレビ用に制作された国産初の
アニメ作品とされるのは?
『キツネのアバンチュール』
『モグラのアバンチュール』(答)
『ネズミのアバンチュール』
『ウサギのアバンチュール』
引用元:『塙凹内名刀之巻』現存する日本最古のアニメ | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/31727/


江戸時代の画家
鈴木春信に浮世絵を学ぶ
『不忍池図』
日本銅版画を創製
司馬江漢(答)
しば こうかん


『スリナム産昆虫変態図譜』
という手彩色銅版画集で有名な
ファーブル以前の女性昆虫学者は
マリア・ジビラ・◯◯◯◯◯?
サーソジョ
メコアリン
メーリアン(答)
30%
Anna Maria Sibylla Merian
引用元:マリア・ジビラ・「メーリアン」『スリナム産昆虫変態図譜』 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/37005/

『なつぞら』[注 1]は、2019年度前期放送のNHK「連続テレビ小説」第100作目のテレビドラマである。2019年4月1日から9月28日まで放送される予定[3][4]。

企画・制作
連続テレビ小説第100作の記念作品。1937年(昭和12年)に東京に生まれ、戦争で両親を失い父の戦友に引き取られた戦災孤児の少女・奥原なつが、北海道・十勝で広大な大自然と開拓者精神溢れる強く優しい大人たちに囲まれてたくましく成長し、上京後北海道で育んだ想像力と根性を活かして当時「漫画映画」と称された草創期の日本アニメの世界でアニメーターを目指す姿を描く。一年を通して風雪が少ない十勝の大地に豊かな実りをもたらす「十勝晴れ」と呼ばれる突き抜けた青空のような、清々しい生きざまを描いた作品で[5][2]、連続テレビ小説の原点に立ちかえるような「困難に負けないヒロイン」像を描きたいとしている[6]。本作のアニメーション時代考証を担当する小田部羊一[7]は、ヒロインは草創期の日本のアニメーション界を支えた女性アニメーターの、亡妻・奥山玲子(宮城県仙台市出身)がヒントになったと語っている[8]。
引用元:なつぞら – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%81%A4%E3%81%9E%E3%82%89

奥山 玲子(おくやま れいこ、1936年[1][注 1]10月26日 – 2007年5月6日[4])は、日本のアニメーター、版画作家として活躍した人物である。別名、おくやま れいこ。

経歴・人物
宮城県仙台市にて出生。宮城学院高等学校から東北大学教育学部を卒業[注 2][4]。

大学卒業[注 2]後、外国語大学への入学を目指して上京し、もともと絵を描くのが好きだったことから受験までのアルバイトとして新聞の募集広告に応募して東映動画のスタジオで働き始める。技術を身に着けて面白くなったことで受験を取りやめ[3]、1957年[注 3]に東映動画に入社し、長編第1作目となる『白蛇伝』に動画として参加[4][6]。これ以後東映動画制作の数々のアニメーション映画作品に携わる[7]。またテレビアニメーション作品にも草創期から積極的に関わり、『狼少年ケン』、『魔法使いサリー』、『ひみつのアッコちゃん』(いずれも日本教育テレビ)で作画監督を務めた[7]。

奥山が在籍した東映動画は創立初期から労働争議が絶えず[8]、東映本社では社長の大川博が1971年に逝去し、岡田茂が大川の後任として社長に就任すると[9][10]、赤字の膨らむ東映動画は激しい合理化にさらされた[8][10][11]。奥山は従業員の先頭に立って経営陣と激しく対立し、合理化阻止で戦いを挑んだ剛の人でもあった[7][8]。

1963年7月7日には同僚だった小田部羊一と結婚(挙式は同年7月7日に国際基督教大学で[12])。
引用元:奥山玲子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%B1%B1%E7%8E%B2%E5%AD%90