吉田丸 悠よしだまる ゆう

2014年3月に連載を開始した
吉田丸悠のコメディ漫画です
じごくあね(答)
16%

昏睡状態から目を覚ました姉の人格はまるで別人になっていた!? 弟の宏樹(ひろき)は姉の真尋(まひろ)が繰り広げる奇行の数々に振り回されていく!! これって役得!? それと も災難!? 二度の読み切りで大絶賛を得た吉田丸 悠が贈る、女難コメディ!!

ついに「中の人」の正体が発覚!自分の戻るべき肉体が、病院で眠り続けていることを知った「中の人」は大きなショックを受ける。そんな彼が、宏樹を夜の散歩へと誘い出す。二人だけの世界で、彼らが導き出した答えとは? 姉系受難コメディ、ついに劇的最終回――!!
引用元:じごくあね 吉田丸悠| 小学館コミック -サンデーGENE-X- https://sundaygx.com/sakuhin/sakkaInfo/yosidamaru_jigokuane.html

わたしのアソコ、あばかないでっっ!!  「男子のアレって仕組みどうなってんの?」 エロいことに興味しんしんだが、それをひた隠しにしている女子高生・大上さん。こんなのバレたら生きてけない……肩身が狭いながらも平和に過ごしていたはずが、クラスの柳沼(やぎぬま)くんと接したことで、リビドーがモロ出しになってしまう! さわりたいけど、さわれない! 純情な妄想が暴発する思春期エロラブコメ、全力発射!!!
引用元:『大上さん、だだ漏れです。(1)』(吉田丸 悠)|講談社コミックプラス http://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000047624

吉田丸 悠(よしだまる ゆう)は、日本の漫画家。

代表作に『きれいなあのこ』、『じごくあね』がある[1]。『月刊アフタヌーン』(講談社)誌上において『大上さん、だだ漏れです。』を連載中(2019年3月現在)。
引用元:吉田丸悠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E4%B8%B8%E6%82%A0