ギルダ、エマ、ルーカス

次の漫画
『約束のネバーランド』の
登場人物を
年齢が若い順に選びなさい
ギルダ
エマ
ルーカス
24%

『約束のネバーランド』(やくそくのネバーランド)は、白井カイウ(原作)、出水ぽすか(作画)による日本の漫画作品。略称は「約ネバ」[1]。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年35号より連載中。

主要人物
エマ
声 – 諸星すみれ[7]
本作の主人公。グレイス=フィールドハウスに住む、孤児で最年長の一人。11歳の女の子。認識番号は63194。2034年8月22日生まれ。身長145cm。
人想いでハウスとママが大好きだった。優秀なノーマンとレイに追い付きたいと考えている。毎日のテストでは度々フルスコア(300点)を出しており運動能力も高い。ノーマンやレイと比べるとかなり楽天的な性格。
ハウスの子供たちと仲良く暮らしていたある日、コニーの忘れ物、リトルバーニーを届けに、行ってはいけない門へ行く。しかし、そこでコニーの「出荷」の瞬間を目にしたことで、孤児院とされていたハウスの真実を知ることになる。彼女は、ノーマン、レイ、そしてドン、ギルダを味方に加え、あくまで子供達全員での脱獄を目指す。

ギルダ
声 – Lynn[10]
10歳の女の子。エマたち最年長3人組に次ぐ年長者。認識番号は65194。身長138cm。
眼鏡を掛けている。内気だが、芯の強い性格。エマとは共に年少者の世話をする係で、仲がいい。ドンと同じく、脱獄計画にはレイの後に引き入れられる。
おしゃれに興味があり、ハウスから支給される衣類が白一色であることを嘆く。6話時点でテストの成績は最年長3人組に次ぐ唯一の200点台。ノーマンには及ばないが、優れた洞察力と冷静な思考力を持つ才女。以前からハウスを『旅立った』兄弟姉妹たちが音信不通になる事実やエマたちの言動の変化に気づき、脱獄計画参加後もママの秘密の部屋(無線室)の存在とその場所を突き止める。

ルーカス
ユウゴの親友の男性。サブリーダー格だったようである。認識番号はKGX2A7。
ユウゴが右手につけている黒い手袋は、元々は彼がつけていたようである。かつてユウゴをゴールディ・ポンドから逃がした後、仲間達の中で唯1人生き残り、ゴールディ・ポンド内の猟場で身を潜めた。杖をつき、顔に傷がある。右腕は、かつてレウウィスに襲われた際に失っている。彼が生き残れたのは、隠れ続けていた少女が匿ってくれたからで、鬼達の認識では彼はユウゴと共に逃げたと思われているだろうとの事。以降、風車を拠点に13年隠れ続けてた。彼を助けた少女は、出会った5年後に病死したとの事。
引用元:約束のネバーランド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

『約束のネバーランド』とは、白井カイウ(原作)、出水ぽすか(作画)による漫画。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中。2019年1月より第一期アニメが放送され、2020年にも第二期が放送予定。

ショッキングな世界観、サスペンスストーリーなどジャンプとしては異色な作品だがきちんと「努力・友情・勝利」も抑えた内容になっている。

あらすじ

エマ、ノーマン、レイの三人組はグレイスフィールド孤児院で暮らす11歳の子供。
親兄弟はいないものの、孤児院の管理者であるイザベラの愛情に包まれ、同じ孤児院の子供らと兄弟のように仲良く暮らしていた。
毎日行われる学力テスト、美味しい食事、女子にだけ与えられる幼児の世話、時折里子に出されるという名目で孤児院から去っていく年少の子ら。
外の世界を知らない彼らは、孤児院での生活を当たり前と信じていた。

その日が来るまでは。

エマとノーマンは里子に出されるコニーの忘れ物のぬいぐるみを持って、禁じられた門の外に初めて出る。
そこで見たものは、見慣れぬ花を胸に刺され息絶えたコニーと、彼女を回収する昔話の『鬼』に似た生き物。
そして『鬼』と出荷について話し合うイザベラの姿だった。

信じてきた全てはまがい物だった。
グレイスフィールド孤児院の正体は『鬼』による『人間農場』。イザベラの正体は農場の管理人。
私たちは出荷され食べられる運命。
エマたちの命がけの脱出が始まる。
引用元:約束のネバーランド – アニヲタWiki(仮) – アットウィキ https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/39844.html

―今後の展開としては、あまり詳しくは言えないと思うんですが…たとえば、エマたちが脱獄した先の世界の設定やストーリーなどはもうある程度決まっているんですか?

白井 はい、そこはもう決めてますね。その意味が『約束のネバーランド』というタイトルになってます。

―おお、そこまで言っちゃって大丈夫なんですか?

白井 ええ、大丈夫です。だから、そこに関わりのない箇所では明らかになるまでは「約束」って言葉はこれまでずっと、使いたくてもセリフなどでは意図的に避けて使わないようにしてきたんです。

―意味深ですね。

白井 実は最初、漫画のタイトル自体も『ネバーランド』だけのつもりだったんです。でもそこに何かもうちょっと足そうということになって、そこは『約束のネバーランド』にしたんですが、そこでつけた「約束」という言葉がしっかり物語の核心にリンクしていくような展開を考えていますので…どうぞこれからも楽しみにしていてください!

―それはとても楽しみですね。

白井 エマたちが無事に脱獄できたら「約束のネバーランド」の意味がわかる予定なので、それまでに打ち切りになってしまわないように頑張りたいと思います(笑)!
引用元:ジャンプらしくないと大反響! 『約束のネバーランド』著者が「“約束”という言葉の意味がわかるまで打ち切りにならないように(笑)」 – エンタメ – ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト] https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2017/02/05/79456/