メロディアスでリリカルなアイドル

次の文字列を順に選んで
石川博品のライトノベルの
タイトルにしなさい
メロディ・
リリック・
アイドル・
マジック
18%

メロディ・リリック・アイドル・マジック
著者:石川 博品
イラスト:POO

『メロリリ、はじめました!』

アイドルが支配する学生寮?!(なお奴隷制)

東京都沖津区――国民的アイドルグループ・LEDに叛旗をひるがえした女子高生アイドルたちがしのぎを削る街。高校入学に合わせて学生寮に入った吉貞摩真はそこが沖津区アイドルたちの根拠地であることを知る。しかし彼にはアイドルを好きになれない理由があった。一方、同じ寮で暮らす尾張下火は、学校一の美少女にしてアイドルマニアの飽浦グンダリアーシャ明奈に誘われ、アイドルグループを結成する。しかし彼女にはアイドルにまつわる暗い過去があった。ことばにできないふたりの秘密が交錯するとき、アイドルの持つ真の力が明らかになる!! メロディアスでリリカルなアイドル・青春ラブコメディ登場!
引用元:メロディ・リリック・アイドル・マジック | ダッシュエックス文庫 http://dash.shueisha.co.jp/bookDetail/index/978-4-08-631128-1

石川 博品 (いしかわ ひろし、1978年 – )は、日本の小説家。ライトノベル作家。岩手県出身。

2008年に『耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳』で第10回エンターブレインえんため大賞小説部門優秀賞を受賞し、翌年出版された同作でデビュー。

一番好きな作家として中上健次を挙げており、作家の仕事場を撮影した写真集の中で中上が縦罫の紙に細かい字を押しこめるように書いているのを見て以来、2014年12月現在も原稿は手書きで執筆している。また椎名誠のエッセイから受けた影響は大きいと思うと語っており、『日本細末端真実紀行』『わしらは怪しい探険隊』『インドでわしも考えた』は人生で最も読み返した本だという[1]。

個人サークル「石川博品」として、商業では未発表もしくは単行本に未収録となっている原稿を書籍化して頒布する同人活動も行っている。
引用元:石川博品 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E5%8D%9A%E5%93%81