やまいかぐや


橘公司のライトノベル『デート・
ア・ライブ』の精霊です
八舞耶倶矢
やまいかぐや(答)
30%

025EruQuoBIGB
橘公司のライトノベル『デート・
ア・ライブ』のヒロインです
鳶一折紙
とびいちおりがみ(答)
引用元:「鳶一折紙」とびいちおりがみ 橘公司(こうし)『デート・ア・ライブ』ヒロイン 「鳶とび」「蔦つた」「嶌しま」 https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/14118/

八舞耶倶矢
やまいかぐや

八舞耶倶矢とは、「デート・ア・ライブ」に登場するキャラクターである。

概要
第5の精霊である八舞の片割れである少女の1人。
風を操る八舞耶倶矢と八舞夕弦双子の精霊となっているが、厳密には双子ではなく同一人物である。ちなみに作者によるとマテリアルやアンコール5巻の157cmは間違いであるとの事。

元々は「八舞」という1人の精霊だったが、何度目かの現界の際に2人に分裂し、現在のような状態になった。どちらが吸収されて真の「八舞」として残るかを決めるため幾度も争っているが、実際は互いが互いを大事に想っており、相手を残すためにそれまでの勝負でも実はわざと負けようとしては失敗していた。
引用元:八舞耶倶矢 (やまいかぐや)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E5%85%AB%E8%88%9E%E8%80%B6%E5%80%B6%E7%9F%A2

『デート・ア・ライブ』とは、橘公司によるライトノベル作品である。イラストはつなこが担当。
略称は「デート」、「デアラ」、「DAL」など。

概要

▲原作1巻。表紙には凛々しい姿の十香が描かれている

富士見ファンタジア文庫(富士見書房)にて、2011年3月より刊行。2019年1月現在本編「デート・ア・ライブ」は既刊19巻。短編集「デート・ア・ライブ アンコール」は既刊8巻。

「もしも秘密結社が大真面目にギャルゲーをやっていたら」をコンセプトに、平凡ながらも強い意思を持った少年と『精霊』と呼ばれる超常的な能力を持った少女たちとのボーイミーツガールを描いた作品。筆者の前作『蒼穹のカルマ』のような奇想天外さは薄れており、王道的なストーリーと魅力的なキャラクターたち、そしてつなこの描くかわいい絵が高い人気を呼んでいる。

富士見ファンタジア文庫の主力タイトルの一つでもあり、一巻の刊行当初よりCMなどで積極的な広報展開が行われていた。
引用元:デート・ア・ライブとは (デートアライブとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96

デート・ア・ライブ 十香デッドエンド
著者 橘 公司 イラスト つなこ
世界を殺す少女を救う方法は――デートして、デレさせること!?
「――君、は……」「……名か。そんなものは、ない」四月一○日。五河士道は精霊と呼ばれる少女と出会った。世界から否定される少女。だけど自分だけは少女を肯定したいと願った。新世代ボーイ・ミーツ・ガール!!
引用元:デート・ア・ライブ 十香デッドエンド 橘 公司:ライトノベル | KADOKAWA https://www.kadokawa.co.jp/product/301402000701/