【Magcal Girl SPEC-OPS】

人類の救った魔法少女
「マジカル・ファイブ」を描く
2019年にアニメ化された漫画は
『◯◯◯◯◯◯◯あすか』?
法少特殊女戦魔
魔法少女特殊戦(答)
13%

魔法少女特殊戦あすか(1)

戦乱を鎮めた魔法少女達のその後を描く、マジカルミリタリーアクション!!
謎の生物・地冥界の侵攻によって危機に瀕していた人類は、不思議な魔法の力を得た魔法少女達の活躍によって救われた…。
そして3年後、それぞれの生活に戻った彼女達に、その日常を切り裂く新たな事件が勃発!!
人類の救世主となり“伝説の五人”と呼ばれた魔法少女の一人、大鳥居あすかは運命に翻弄されながらも懸命に現在を生きようとしていた…。
引用元:魔法少女特殊戦あすか(1)|スクウェア・エニックス e-STORE | スクウェア・エニックス e-STORE https://store.jp.square-enix.com/item/9784757547803.html#explanation1

『魔法少女特殊戦あすか』(まほうしょうじょとくしゅせんあすか)は、深見真原作・刻夜セイゴ作画・田村尚也軍事設定協力[1]による日本の漫画作品。『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス)にて、2015年Vol.07から連載中。

あらすじ
1 – 3巻
人間界が異世界 地冥界(ディスアス)の侵攻に遭い、別の異世界 精霊界(フェアト)各国の軍事同盟である精霊環境条約機構の軍事支援を受けて誕生した魔法少女達の活躍により、地冥界を撃退した大戦 ディストニア戦争から3年が経っていた。しかし、人間界は平和になった訳ではない。異世界との接触は、ディストニア戦争を戦い生き残った魔法少女以外にも魔女や魔術師を生み出し、人間界はそれらを取り込んだ新たな軍事バランスが生じている。ディストニア戦争を生き残った魔法少女 伝説の五人(マジカル・ファイブ)の面々もそういう状況とは無縁では居られず、自国の軍隊に所属するなどしている。
大鳥居あすかはマジカル・ファイブのリーダーだったが、ディスアスとの戦いに精神的に疲弊し、戦後は引退状態となっていた。しかし、高校の友人 羽田紗綾子が目の前でテロリストの襲撃に巻き込まれ、否応なしに魔法少女として戦うことになる。戦いの後も魔法少女として戦うことに消極的だったあすかだが、ディストニアと結び付いたテロ組織 バベル旅団の暗躍により、同じマジカル・ファイブである夢源くるみや高校の友人 牧野希美ら身近な人間が巻き込まれるようになり、義父 飯塚に誘われていた陸上自衛隊特殊作戦群の魔法少女特殊戦開発部隊 M班への参加を決意する。
引用元:魔法少女特殊戦あすか – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%B0%91%E5%A5%B3%E7%89%B9%E6%AE%8A%E6%88%A6%E3%81%82%E3%81%99%E3%81%8B