キツネザル

アニメ映画『ダイナソー』で
主人公の恐竜アラダーを
育てたのはどんな動物の一家?
シロサイ

キツネザル(答)
シマリス
アライグマ
60%

098sIaWGpK
次のうち
マダガスカル島の固有種を
全て選びなさい
ブームスラング アフリカ大陸 毒ヘビ
ベローシファカ(答)
カンムリキツネザル(答)
22%
126LtuwTsX
次のうち
マダガスカル島の固有種を
全て選びなさい
エダハヘラオヤモリ(答)
ムカシトカゲ ニュージーランド
ヒロスジマングース(答)
インドリ(答)
ヒラオリクガメ(答)
イタチキツネザル(答)
カンムリシファカ(答)
コビトマングース エチオピアほか
ヒヨケザル 東南アジア
ジャクソンカメレオン ケニアほか
コキーコヤスガエル
25%

『ダイナソー』(原題:Dinosaur)は、2000年に公開されたディズニーのアニメ映画。製作国はアメリカ合衆国。ディズニー社は本作のために「ザ・シークレット・ラボ」を建設した。

あらすじ
舞台は6500万年前の白亜紀末期。卵の状態で巣からさらわれたイグアノドンのアラダーは、キツネザルの一家の手により育てられ、青年期を迎えた。古生物達の楽園とも言える同時代の地球であったが、巨大な隕石の衝突によって環境は激変。未曾有の大災害を生き延びたアラダーとキツネザル一家は、多数のイグアノドンを中心とした草食動物の大群に合流し、豊饒な緑に溢れるという「命の大地」を目指して旅立つ。だが、彼らの背後には、群れを付け狙う肉食恐竜達が迫っていた。
引用元:ダイナソー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%BC

解説
白亜紀の恐竜たちの世界を、実写映像の背景とCG映像のキャラクターの完璧な融合により描き出したディズニー・アニメ。監督はラルフ・ゾンダッグとエリック・レイトン。製作はパム・マースデン。脚本はジョン・ハリソンとロバート・ネルソン・ジェイコブス。音楽は「ヒマラヤ杉に降る雪」のジェームズ・ニュートン・ハワード。声の出演はD・B・スウィーニー、アルフル・ウッダード、オジー・デイヴィスほか

ストーリー
6500万年前の白亜紀。突然の巨大隕石の衝突によって、恐竜たちの平穏な日々は終わりを告げた。イグアナドンのアラダーは、プリオら生き残ったわずかなキツネザルたちと共に海を渡る。だがどこも隕石の悲劇を免れてはおらず、目の前に広がるのは荒れ果てた大地のみ。深い絶望にうちひしがれながらも移動を開始したアラダーたちは、やがて草食恐竜たちの群れに遭遇する。彼らはリーダーのクローンに率いられ、伝説の楽園、“生命の大地”を目指していた。アラダーたちは身を守るために彼らの群れに加わる。しかし、目的のためには弱いものを容赦なく切り捨てるクローンのやり方にアラダーは反発し、ブラキオザウルスのベイリーンたちと共に群れを離れた。こうして分裂した彼らは、肉食恐竜の攻撃をかわしながら、それぞれ“生命の大地”を目指して過酷な旅を続けるのだった。…
引用元:ダイナソー : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/46435/