SDMJ

次の文字列を順に選んで
漫画『マテリアル・パズル』で
主人公たちが使う魔法の
名前にしなさい
スパイシー
ドロップ
マーブル
ジェンカ
24%

027pPCeOAI
次の漫画を
連載された雑誌ごとに
グループ分けしなさい
【月刊少年エース】デッドマンワンダーランド、ケロロ軍曹
【月刊少年ガンガン】屍姫、マテリアル・パズル
48%


次の漫画を
連載された雑誌ごとに
グループ分けしなさい
【月刊少年エース】日常、ケロロ軍曹
【月刊少年ガンガン】マテリアル・パズル
48%

[1]スパイシードロップ
[2]スパイシードロップ マーブル アクア
マテリアル・パズル
[1]名称は2話初登場。 自身の霊力(オーラ)を組み替えて飴玉に込めて爆発を発生させる魔法。 というか飴玉に込めないと発動させることが出来ない。 飴玉のサイズがでかい方が強力で、なおかつ取ってがついた飴だとなお良い。 爆発といっても引火性物質とは関係なく熱なども発生しない。 分子や原子、素粒子レベルで分解するのが魔法の秘密らしいが、その辺は自分自身もよく把握していないようである。 飴玉を投げて爆発させるだけでなく、地雷のように設置したりして遠隔爆破も可能。 基本的には広範囲を爆破させることが多いが、範囲を絞った方が威力はアップする。 自身は爆破によってダメージを受けることはない。
「属性:壊」魔法レベル70

[2]第30話初登場。3つの飴玉を旋回させることでリングを生み出して、 それを飛ばして攻撃をする。それなりに疲れる技らしく威力も高い。 弾かせることによって方向を変化させることも可能。

スパイシードロップマーブルジェンカ ティトォ
マテリアル・パズル
第121話初登場。 M・P(マジック・パイル)で 3人の力のみを表面へ発揮させた際に使用。 腕に飴玉をリング状に高速回転させた状態で、 対象を殴りつけと同時に爆発させる。
引用元:マテリアル・パズル http://hissatuwaza.kill.jp/setume/mateiria.htm

『マテリアル・パズル』 (Material Puzzle) は、土塚理弘による日本の漫画作品。漫画雑誌『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス刊)2002年2月号より連載開始。略称は『MP』『マテパ』等。また、作中で魔法として登場する特殊能力の名称。

派生作品の内、直接的な繋がりのある『マテリアル・パズル 〜彩光少年〜』(マテリアルパズル さいこうしょうねん)および『マテリアル・パズル 〜神無き世界の魔法使い〜』(マテリアルパズル かみなきせかいのまほうつかい)については本記事にて記述する。『マテリアル・パズル ゼロクロイツ』については当該記事を参照。

概要
100余年前、ある惨劇に巻き込まれたことで、不老不死の身体に魂を共有することとなった3人が、魔法という力と仲間達を得て、背負った罪を償うべく、惨劇を起こした者との闘いに身を投じていくバトルファンタジー。 「存在変換」の設定により、3人の主人公が次々と入れ替わる(替わるたびに戦局や話の流れが変化する[2])展開や、章仕立ての長期に渡るストーリー、ギャグありシリアスありバトルありのバラエティーに富んだ内容[3]などが特徴。
引用元:マテリアル・パズル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%BA%E3%83%AB