『ハチミツとクローバー』建築科在籍「真山巧」「竹本祐太」 「鉄人」山田あゆみ(陶芸科)

045dRcqndrdIf
次のうち、漫画
『ハチミツとクローバー』で
浜田山美術大学の建築家(建築科?)に在籍
した登場人物を1つ選びなさい
森田忍 彫刻家
花本はぐみ 油絵科
花本修司 美術史の教師 建築科ではない?
真山巧◯ 建築科
山田あゆみ 陶芸科
竹本祐太◯ 建築科

CIMG5742OGheDyIaliAa
漫画『ハチミツとクローバー』
に登場する山田あゆみの
ニックネームは「鉄人」である
→○
×仙人

『ハチミツとクローバー』(英語: Honey and Clover[1])は、羽海野チカによる日本の漫画作品。またはそれを原作としたテレビアニメ、実写映画、テレビドラマ。「ハチクロ」と略される。
>花本はぐみ(はなもと はぐみ)
油絵科。18歳(初登場時)。設定では長野県安曇野出身。本作のヒロイン。通称「はぐ」。森田からはマウス、コロポックル、チビモニ(チビだから)などと呼ばれている。父親は長野県警察刑事部捜査第一課課長(警部)で、修司の従兄弟である。母親は幼少期に亡くしたらしいが、詳細は不明。連載後期に父が再婚する。
>竹本祐太(たけもと ゆうた)
建築科。19歳(初登場時)。群馬県安中市出身。クレジットこそはぐみの次であるが事実上の主人公。父親を早くに病気で失っており、母一人子一人の環境で育つ。母を支えることに生き甲斐を見出していたが、母の再婚により生きる目標を失い、手先が器用だったことから何となく美大に入学する。
>山田あゆみ(やまだ あゆみ)
陶芸科。21歳(初登場時)。愛称あゆ。真山の同級生(真山は一浪しているため、一つ年下)で、彼を一途に思い続けている。陶芸の才能があり、卒業してからは同科の研究生、修了後は授業のアシスタントを務める。
>幼い時から器量良しとして知られ、浜田山商店街の若者や大学の後輩に数多くのファンを持つ。数合わせで合コンに呼ばれては、その美貌で自覚の無いまま男性陣を独り占めにし、あげく酔った勢いでぶち壊しにする事から「合コンの破壊神」、体力があることから「鉄人」などの異名がある。
>真山巧(まやま たくみ)
建築科。22歳(初登場時)。石川県金沢市出身。竹本の先輩。浪人して大学に入学したらしく、同学年の山田よりも1つ年上。卒業後は有名建築デザイン事務所の藤原デザイン事務所に入社する。長身、眼鏡、母親譲りの癖の有る天然赤毛がトレードマーク。
>森田忍(もりた しのぶ)
彫刻科(8年在籍後卒業)→日本画科(3年として編入)。24歳(初登場時)。竹本や真山の先輩。竹本と同様にはぐみに一目惚れした。有り余る才能(美術、CG、映画、歌唱力等多岐に渡る)を持っているが、度々長期に亘って行方不明になるために(謎のアルバイトをしている)単位数が足りなかったり、卒業制作の期日に間に合わなかったりして留年を続けていた。
>花本修司(はなもと しゅうじ)
30歳と少々(初登場時)。竹本達が通う大学の卒業生であり、美術史の教師。日頃から教師として学生達を暖かく見守る。
引用元: ハチミツとクローバー – Wikipedia.