【阿智太郎】『僕の血』『住めば都』『陰から』

次のうち、阿智太郎の
ライトノベルを全て選びなさい
『陰からマモル!』(答)
『悪魔のミカタ』うえお久光
『吸血鬼のおしごと』鈴木鈴
『住めば都のコスモス荘』(答)
『僕にお月様を見せないで』(答)
『れでぃ×ばと!』上月司
『座敷童にできるコト』七飯宏隆
33%

阿智 太郎(あち たろう、1978年10月3日 – )は、日本の小説家。長野県下伊那郡阿智村生まれ。主にライトノベルに分類される作品を発表している。

来歴
長野県飯田高等学校在学中は演劇部に所属し、脚本で活躍。在学中の1998年に『僕の血を吸わないで』で、第4回電撃ゲーム小説大賞で銀賞を受賞し、作家デビュー。受賞後アメリカ・イギリスに留学しながら『僕の血を吸わないで』『住めば都のコスモス荘』シリーズ等を執筆し、2000年に帰国。レッド・エンタテインメントに所属していたが現在はフリーランスで活動。シナリオライターとしてゲーム製作にかかわっている。

代表作
僕の血を吸わないで
住めば都のコスモス荘
陰からマモル!
引用元:阿智太郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E6%99%BA%E5%A4%AA%E9%83%8E

『僕の血を吸わないで』(ぼくのちをすわないで)は、阿智太郎のライトノベル小説作品。挿絵(イラスト)および漫画版作画者は宮須弥が担当。メディアワークス社の文庫レーベル電撃文庫より1998年に第1巻発行。

第4回電撃ゲーム小説大賞<銀賞>受賞作。略称は「僕血」。

直接的な続編ではないが、関連作品として『僕にお月様を見せないで』が存在しており、一部のキャラクターが登場する。

ストーリー
能天気でお人よしな主人公・森写歩朗と、美少女吸血鬼・ジルを主人公とするコメディ。

ある日、高校3年生の花丸森写歩朗の部屋に少女が文字通り『飛び込んで』くる。その少女は、突然森写歩朗にキスをするかと思いきや、ぶつかった拍子に流した血(鼻血)を吸い始めた。実は彼女は吸血鬼だったのだ。

吸血鬼ハンターに追われ、父親や姉とも離れ離れになって、行くところがないというジルに、森写歩朗は同居を申し出る。森写歩朗の父親も「息子の婚約者だな」と勝手に一人合点して大賛成。この奇妙な同居生活を始めるにあたって、森写歩朗がジルに出した条件は一つだけ。「僕の血を吸わないで」だった。
引用元:僕の血を吸わないで – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%83%95%E3%81%AE%E8%A1%80%E3%82%92%E5%90%B8%E3%82%8F%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A7

『住めば都のコスモス荘』(すめばみやこのコスモスそう)は、阿智太郎作のライトノベル、及びそれを原作とした漫画およびアニメ作品。小説は電撃hpVolume.1に掲載後、電撃文庫より第1巻が1999年5月に発売。以降2003年まで全6巻が発売された。

ストーリー
神奈川県中空町にある専門学校に通うごく普通の青年・桜咲鈴雄は故郷である静岡から戻ってきたある日、株式会社オタンコナスの社員・タンポポと名乗る少女から自社のパワードスーツ・ドッコイダーのモニターになってくれと依頼される。初めは断った鈴雄だが、アルバイト探しに苦難していたため承諾することに。しかしそれは、銀河連邦警察がドッコイダーとそのライバルであるネルロイドガール、どちらのパワードスーツを採用するかのテストでもあったのだ。その正体がばれたら失格。一方A級宇宙犯罪人として銀河連邦警察に囚われていた、Dr.マロンフラワー、ヒヤシンス、エーデルワイスの3人はドッコイダー、ネルロイドガールの正体を暴けば無罪放免になると言う条件でドッコイダー達と戦う。しかもドッコイダー、ネルロイドガール、A級宇宙犯罪人達は、お互いの正体に気づかぬまま地球にあるアパート「コスモス荘」に住むことになるのだった。
引用元:住めば都のコスモス荘 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E3%82%81%E3%81%B0%E9%83%BD%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9%E8%8D%98

『陰からマモル!』(かげからマモル)は、阿智太郎による日本のライトノベル。及び同作を原作とする漫画作品、テレビアニメ作品。

あらすじ
陰守マモルは、一見地味な高校生。しかし、その正体は隣家である紺若家の一人娘・紺若ゆうなを密かに守る陰守家の嫡男である。現代ではマモルもゆうなもごく普通の高校生。普通の生活を営む彼らに忍者や忍法の出番などあろうはずもないと思いきや、実は超天然であるゆうなは幼いころから様々なトラブルに見舞われる不幸体質、ナチュラルボーン・トラブルメーカーだった。かくてマモルは幼いころから日々ゆうなを必死に陰から護り続ける危険と隣り合わせの日常を送る事となる。

しかし元からゆうな自身が背負い込むトラブルに加えて、ゆうなの友達やマモルの親戚、転校生が来るなど、マモルの周辺は加速度的に騒がしくなる一方。

本作品はそんなマモルとゆうなの日常生活を中心に描いていく。
引用元:陰からマモル! – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B0%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%9E%E3%83%A2%E3%83%AB!