【トリプルファイター】緑、赤、橙

特撮番組『トリプルファイター』
で、早瀬3兄弟が変身・合体して
トリプルファイターになるものを
全て選びなさい
グリーンファイター
ブルーファイター
オレンジファイター
レッドファイター
41%

『トリプルファイター』は、円谷プロダクション製作の特撮テレビ番組の名称、あるいはその劇中に登場するヒーローの呼び名である。

概要
1972年(昭和47年)7月3日から同年12月29日まで、毎週月曜日 – 金曜日17:30 – 17:40に、TBS系で放送された、1週5回分の放映で1話が完結する形式(いわゆる「帯番組」)の特撮テレビ番組。130回(全26話)放送。番組終了後、同じ枠で再放送された。

月 – 金曜日の1話分が、ほかの30分ものの作品に比べ、オープニング、CMを除いた本編パートだけでも31分40秒と長尺なものとなっている。アクションに主眼が置かれ、SATとデビラの格闘や、デーモンカーとのカーチェイスもふんだんに盛り込まれた[1] 。これは、同じ時間枠で放映された『ウルトラファイト』の「全編立ち回り」という路線を発展・継承したものであり、また『仮面ライダー』に代表される「等身大ヒーロー」の影響によるものでもある[2][3][4]。その一方で、第8、13、18、20、最終話など、ドラマを重視した回も存在した[5]。

SAT
デビル星人に滅ぼされた宇宙人や、その末裔によって結成された防衛チーム。パリに本部がある。なお早瀬3兄妹が所属する日本支部は、早瀬邸の地下に設けられているが、最終回で早瀬3兄妹がデビル星人を追って宇宙に旅立ったため、ブルコンを残して閉鎖されることになる。

早瀬哲夫 / グリーンファイター
早瀬兄妹の長男でSAT日本支部の隊長。設定年齢22歳。頭が良く、すべてのSATのマシンを設計した。頭脳戦に長け、各方面への情報伝達も行なう。主に、SATバイクや、SATサイクル2号(第19話 – )に搭乗。勇二からは「哲兄(てつにい)」と呼ばれている。
早瀬勇二 / レッドファイター
早瀬兄妹の二男。設定年齢20歳。パワーに優れた熱血漢。卓越した肉体と無神経とも言える図太さと無鉄砲さを併せ持つSATの斬り込み隊長。事実上の主人公として設定されている。初期にはSATバイクを使用、第10話からはSATバギーに搭乗することが多い。
早瀬ユリ / オレンジファイター
早瀬兄妹の末っ子。設定年齢18歳。ジャンプ力に優れ、SATカーの運転も得意。しっかり者でロマンチストな反面、精神的にもろく、異星人である自分にコンプレックスや、デーモンとの戦いに明け暮れる状況にジレンマを抱くこともたびたびあった。
引用元:トリプルファイター – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC