【劇場版ポケモン】サラ・ブライトマン、小林幸子、藤井フミヤ

次のうち、劇場版
『ポケットモンスター』シリーズ
の主題歌を担当した歌手を
1つ選びなさい
青山テルマ
サラ・ブライトマン(答) 『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ』
柴咲コウ
ダ・カーポ
小林幸子(答) 『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』
藤井フミヤ(答) 『劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇』
KONISHIKI
平井堅
53%

『ポケットモンスター (劇場版)』は、ゲームソフト『ポケットモンスターシリーズ』を原作とするテレビアニメ『ポケットモンスターシリーズ』の劇場版アニメ映画作品について解説する。

概要
東宝による配給で、作品群の通称は、第1作(1998年)から第16作(2013年)までは「ピカチュウ・ザ・ムービー」(PIKACHU THE MOVIE)で、第17作(2014年)から第19作(2016年)までは『ポケモン・ザ・ムービー○○(シリーズタイトル名)』(Pokémon the movie ○○)である。監督は、第20作(2017年)まではアニメ版総監督の湯山邦彦が、第21作(2018年)からは『ポケットモンスター ベストウイッシュ』より参加している矢嶋哲生が務めている。予告映像は本編からの流用ではなく、専用のものが制作されている。劇伴(音楽)は『黒き英雄 ゼクロム』を除き全作品宮崎慎二による。「ピカチュウ・ザ・ムービー」のロゴは4作目まで(アメリカでは3作目まで)は毎年異なったが、5作目から16作目まで(アメリカでは4作目から16作目まで)はほぼ統一されている。

1998年や2011年等の例外を除き、一番のメインとなるゲストポケモンはそれまでのゲーム版で公開されていなかった初登場のポケモンとなることが多く(当時現行のバージョンで入手できるものと、次回作で登場するものの2パターンが存在する)、制作初期はそのポケモンを組み込まない仮タイトルを公開し、時機を見てそのポケモンの名前を入れた正式タイトルを発表する流れを基本としている。

また主題歌を手掛ける歌手は、小林幸子のような演歌歌手から、安室奈美恵、PUFFY、スキマスイッチ、Every Little Thing、いきものがかりなどの一般のJ-POPアーティスト、サラ・ブライトマンのような海外アーティストなど、これもまた様々で幅広い。林明日香は『劇場版ポケットモンスター』では唯一2003年と2017年の2回主題歌を担当している。
引用元:ポケットモンスター (劇場版) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC_(%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88)