【バカボンのパパ】キャロル


漫画『天才バカボン』で
バカボンのパパの
大学時代のあだ名は?
チューリップ
オフコース
アリス
キャロル(答)
50%


『美しすぎて』
『愚か者の日』
『欲望のあいまいな対象』
『007 ユア・アイズ・オンリー』
ファムケ・ヤンセン
ソフィー・マルソー
キャロル・ブーケ(答)
ハル・ベリー


次の文字列を順に選んで
2009年にイギリス初の
女性の桂冠詩人となった
詩人の名前にしなさい
キャロル
アン
ダフィー

バカボンのパパ(バカボンパパ)は、赤塚不二夫のギャグ漫画・『天才バカボン』、ならびにそれを原作としたアニメの登場人物である。

モデルは赤塚の実父・赤塚藤七(1908年 – 1979年)であると言われている[1]。

生年月日は植木等や関根潤三と同じである。連載開始が昭和42年(1967年)であったため、年齢は41歳[4]とされており、アニメ第2作後期エンディングでもそのように歌われている。血液型はBAKA型という特殊型で、なめると甘い味がする。

熊本県の七城中学校(実在)[6]・東京都のバカ田高校を経て[7]、バカ田大学を首席で卒業。学級委員も務めた。大学時代のあだ名はキャロル、またはノールス(脳がいつも留守だから)。バカ田大学の卒業式の日、「東洋工業(現・マツダ)に入社してマツダ・キャロルを作るのだ」などと言ったことがあったが、結局は入社しなかった。妻であるバカボンのママと出会ったのも大学時代である。

口癖は「これでいいのだ!」「タリラリラ〜ン[8]」「コニャニャチハ」「はんたいのさんせい」「さんせいのはんたい」など。サブタイトルのほとんどに使われている「〜なのだ」という語尾の多用も一般的にパパの特徴とみられているが、原作初期は「〜だよ」など普通の語尾で会話することの方が多かった。「コニャニャチワ」は当時投稿の挨拶などに多用され、現在でもラジオ番組の投稿に用いられる挨拶の変形の元祖であるとされている。また、理解不可能な事態に直面すると、「国会で青島幸男が決めたのか?」と言うこともある。

ハチマキと腹巻を身に付け、口元に髭を生やしている。鼻毛を伸ばしているように見えるが、実は髭である[9]。ハラマキの下に履いているズボンの色はアニメ版第1作目では藤色だが、第2作目以降は青(紺)色になっている。
引用元:バカボンのパパ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%91