ダラハウ


ゲーム『ファイアーエムブレム
蒼炎の軌跡』に登場する槍の達人
ダラハウ(答)
22%

ダラハウとは、ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡の登場人物である。なお同一人物と思われる暁の女神のウハラダも一緒に扱う。

蒼炎で、タナス公爵オリヴァーの屋敷の庭に勝手に入り込んだ罰として一年間タダ働きを強いられていたベグニオン人の男。アフロ頭、金ぴか鎧、一人称が自分の名前、「~なのね」という独特な口調などからイロモノな印象を受けるが、会話内容はかなり良識的で意外と深みのあるセリフが多い。子供を諭す先生のような言動にプレイヤーもハッとさせられる事が多いだろう。

蒼炎の軌跡
第16章「ベグニオンの贖罪」にて敵として登場。子供を攻撃するのは主義に反するらしく、子供ユニット(ミスト、セネリオ、トパック、ヨファ、サザ)で話しかければ仲間になる。

余談だが第17章「黎明」で援軍に設定すると、なぜかハクション大魔王(もしくは派生アニメ「よばれてとびでて!アクビちゃん」)を思わせるセリフで登場する。

暁の女神
第二部3章「騎士団出撃す」の拠点会話「カリルの店」で、戦えなくなったラルゴが親友として「ウハラダ」という男をジョフレに紹介し仲間になる。フェリーレ公ルドベック率いる反乱軍の鎮圧戦にクリミア民間人のカリルが加わるのは望ましくないため、「ウハラダはクリミア人じゃないから」OKだと屁理屈を言って、ラルゴとカリルの代わりに王宮騎士団への協力を志願する。

名前を逆さにした以外、外見から口調までどう見てもダラハウな上に蒼炎引き継ぎ対象もダラハウだが、人物相関図では「同一人物?」「本人は同一人物説を否定」という扱い。どういうことかは、蒼炎のラルゴとダラハウの支援会話を見た人ならピンとくるだろう。ちなみにウハラダをロストしても、相関図のダラハウは灰色にはならない。

今作では前作以上に彼の会話イベントがなく、せいぜい加入時やオリヴァー戦でやり取りがある程度。エピローグでは諸国を巡る大道芸人になる。

引用元:ダラハウとは (ダラハウとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%80%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%82%A6