【漫画家】『こみっくがーるず』


2018年にTVアニメされた
漫画『こみっくがーるず』の
主人公は漫画家である
◯(答)
36%

『こみっくがーるず』は、はんざわかおりによる4コマ漫画作品である。日本の『まんがタイムきららMAX』(芳文社)で、2014年5月号[1]よりゲスト連載開始、同年8月号[2]より正式に連載開始。2018年4月から6月にかけて、AT-X、TOKYO MX他にてテレビアニメが放送された[3]。

あらすじ
読者アンケートで最下位をとってしまった、4コマ漫画家の萌田薫子。独特のセンスや将来性を見込まれ、現役女子高校生で出版社「文芳社」の漫画雑誌からプロデビューを果たした薫子だが、画力やストーリーは拙く、キャラクターの魅力やリアリティにも乏しいため人気が振るわずにいた。自虐的な性格でメンタルが弱く、才能を独力で伸ばせるタイプではない薫子のことを心配した担当編集者の編沢まゆは、女子漫画家寮への入寮を勧める。

薫子はルームメイトの恋塚小夢や、同い年で活躍している先輩漫画家の色川琉姫、勝木翼と同じ寮で、プロ漫画家としての研鑽を積みながら、同じ女子高校に通うことになる。4人は、編沢の酒飲み友達で学生時代からのオタク仲間たちでもある寮母の花園莉々香や学校教師の虹野美晴から見守られつつも、漫画家であることは隠しつつの学校生活を過ごしたり、互いの仕事をアシスタントとして手伝ったり、ネタ出しや取材に付き合ったりしながら、漫画家としての日常を過ごしてゆく。
引用元:こみっくがーるず – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%BF%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%81%8C%E3%83%BC%E3%82%8B%E3%81%9A

まんがタイムKRコミックス

こみっくがーるず 第1巻
はんざわかおり

定価:本体819円+税 A5

ISBN:978-4-8322-4566-2

萌田薫子(P.N.かおす)15歳。職業高校生、そして4コマまんが家! まんが家専用の女子寮に引っ越してきた彼女は、 同室の少女まんが家の小夢やTLまんが家の琉姫、少年まんが家の翼といった仲間に囲まれて、 今日も楽しくネームにペン入れ、仕上げ作業に徹夜作業! かわいくて面白い、まんが家4コマ開幕です!
引用元:まんがタイムきらら – 作品紹介ページ – まんがタイムきららWeb http://www.dokidokivisual.com/comics/book/past.php?cid=1036