ウィリアム・スタイグ『みにくいシュレック』


アニメ映画『シュレック』
の原作となった絵本
『みにくいシュレック』を
書いた作家は?
スコット・ウエスターフェルド
ウィラード・プライス
ウィリアム・スタイグ(答)
モーリス・センダック
0%

ウィリアム・スタイグ(William Steig、1907年11月14日 – 2003年10月3日)はアメリカ合衆国の漫画家、イラストレーター、彫刻家。後半生は児童文学作家として活躍し、『ロバのシルベスターとまほうのこいし』、『アベルの島』、『歯いしゃのチュー先生』、CGアニメーション映画『シュレック』の原作となった『みにくいシュレック』などの作品を残した。
引用元:ウィリアム・スタイグ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%B0

ゴリアテ スコット・ウエスターフェルド著 歴史観が一変、冒険の世界

飛行機や船、電話がすべて遺伝子改変された動物だったら、いったいどんな世界が開けるのか?本書はこの視点から、見慣れた歴史世界を目も醒(さ)めるような風景に様変わりさせた〈リヴァイアサン〉三部作の完結編。

 中心となるリヴァイアサンは、鯨を改造した巨大飛行獣。前作では、この船の一行が、第1次世界大戦下のオスマン帝国で、改造動物と機械ロボットが激突する革命に、いかに関与したかが描かれていた。本作では、一行がロシアのツングースカを航行中、ニコラ・テスラ博士を救出し、やがてテスラの発明した大量破壊兵器ゴリアテをめぐって、アジアから北米へと舞台を移し、世界一周大冒険は大団円を迎える。
引用元:ゴリアテ スコット・ウエスターフェルド著 歴史観が一変、冒険の…||NIKKEI STYLE https://style.nikkei.com/article/DGXDZO50868910S3A120C1NNK001

ウィラード・デミル・プライス(Willard DeMille Price、1887年7月28日 – 1983年10月14日)は、カナダ生まれのアメリカ合衆国の旅行家、ジャーナリスト、著作家。

その後のプライスは、「外国通信員にして移動研究者 (foreign correspondent and roving researcher)」として、様々な新聞、雑誌、博物館、学協会 、特にナショナルジオグラフィック協会やアメリカ自然史博物館などのために働いた。彼は死ぬまでに、合わせて148カ国を訪れ、地球を3周した。

プライスは、こうした冒険の旅を、『Rip Tide in the Southern Seas』(1936年)に始まる一連の大人向けのノンフィクションの本として記録していった。著作家としての初期には、特に日本に焦点を当てた記事を書いていたが、彼は1933年から1938年にかけて日本に住んでおり、日本の軍国化の過程を直接見聞することができた。

1999年、ニュージーランドのハミルトンにあるワイカト大学のローリー・バーバー (Laurie Barber) 教授が、ウィラード・プライスはアメリカ合衆国のスパイだったのかもしれないとする論考を出した[1]。実際、プライス自身も、後に執筆した2冊ある自伝のひとつ『My Own Life of Adventure』の中でスパイ活動をしたと認めている。しかし、プライスが愛国心あるアメリカ人としてそのように振る舞っただけなのか、それとも軍の情報部から金銭を提供されていたのか、という点は、はっきりしていない[1]。

プライスの旅行経験は、人気が高かった若い読者向けの小説、世界中で活躍する十代の動物学者ハルとロジャーのハント兄弟(英語版)を主人公とする冒険物語である『冒険大作戦 (Adventure)』シリーズに生かされた。

死去する少し前に、プライスは次のように述べている。

私が『冒険大作戦』シリーズを若い人たちのために書いた目的は、刺激的な、冒険に満ちたものを読むよう彼らを導きたかったからだ。同時に、私は世界中の動物や、その行動への興味をもってもらいたかった。世界中の少年少女たちから私が受け取った手紙から判断すると、私は、彼らが書物と自然史の世界に入っていく扉を開けるのを、手伝えたのだと思う。[2]

2006年、プライスの遺族は、『冒険大作戦』シリーズの著作権と関連する法的諸権利を、プライスの名を使用する権利とともに、ロンドンの出版社フレミング・リテラリー・マネジメント (Fleming Literary Management) に、非公表の「6桁の金額」(数十万ポンド)で売却した[3][4]。
引用元:ウィラード・プライス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9

モーリス・センダック(Maurice Sendak, 1928年6月10日 – 2012年5月8日)は、アメリカ合衆国の絵本作家。世界中で約2000万部売れた『かいじゅうたちのいるところ』をはじめ、80冊を超える作品を発表し、現代絵本界を代表する存在である。このほか、アニメーション映画や舞台美術にもとりくんでいる。

高校卒業後、ニューヨーク市のF.A.Oシュワーツ玩具店でウィンドウを装飾する仕事に携わるかたわら、アート・ステューデンツ・リーグ夜間部に通ってデザインを学ぶ。このころに接した、19世紀イギリスの古典絵本や20世紀スイスの絵本に興味を持つようになった。23歳のとき、絵本の挿絵の仕事をきっかけにイラストレーターに転向する。

その後自身で絵本を制作するようになり、1952年、『あなはほるもの おっこちるとこ』がニューヨーク・タイムズ年間最優秀図書に選ばれる。
1964年に『かいじゅうたちのいるところ』(Where the Wild Things are)でコールデコット賞を受賞、世界的なベストセラーとなる。
引用元:モーリス・センダック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%AF