ライデンシャフトリヒ


次の文字列を順に選んで
アニメ『ヴァイオレット・
エヴァーガーデン』の舞台
である国の名前にしなさい
ライデン
シャフト
リヒ
-%

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、暁佳奈による日本のライトノベル。イラストは高瀬亜貴子が手掛けている。 KAエスマ文庫(京都アニメーション)より2015年12月から刊行された。本編全2巻、外伝1巻。

「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の少女を中心に繰り広げられる群像劇。第5回京都アニメーション大賞大賞受賞作であり、現在までで唯一の大賞受賞作である。

ストーリー
4年間にわたる東西南北による大陸戦争が終結。その戦場で「武器」と称されて戦うことしか知らなかった少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、激化する戦場で両腕を失い、自在に動く義手を付けることを余儀なくされる。

退院したヴァイオレットは、元中佐で社長のホッジンズの下で、自動手記人形としてC.H郵便社で働きはじめる。ヴァイオレットには、かつて戦場で誰よりも大切な人・ギルベルト少佐がいたが、最後に聞かされた「愛してる」という忘れられない言葉があった。その意味を理解できなかった彼女は、仕事と日常を通じて人と触れ合いながら、その言葉の意味を探していく[1]。

任務に忠実で真面目なヴァイオレットは、仕事の覚えも早く、タイプライターも短期間で使いこなすようになるが、戦場しか知らない彼女は常識的な他人とのかかわり方が欠如しており、様々なトラブルを起こしてしまう。自動手記人形育成学校に入学して、大切な人への想いを代筆することの意味を学んだヴァイオレットは、様々な依頼を受けながら一流のドールとしての道を歩んでいく。

しかし、どこかで生きていると信じていたギルベルト少佐が、実は未帰還兵として「戦死扱い」であった事を聞かされたヴァイオレットは激しく動揺する。そして、ギルベルト少佐を心から想うその心こそが「愛」なのだと、ヴァイオレットは気付かされる。

登場人物
大半の登場キャラクターの名前(または苗字)は、実在する花の名前がつけられており、何かしらの意味が込められていると原作者が明言している。

主要人物
ヴァイオレット・エヴァーガーデン
声 – 石川由依[2]
本作の主人公。金糸の髪に青い瞳、玲瓏な声を持つ可憐な容貌をした少女。大戦中は元ライデンシャフトリヒ陸軍の少女兵であり、ギルベルト直属の部下として単独で一個分隊に匹敵する戦闘力を持っていたが、大戦時の戦傷で両腕を失う。大戦後、後見人の一人となったホッジンズが経営するC.H郵便社にて、自動手記人形として代筆業をしている。両腕には義手を装着しており、普段は黒手袋をはめている。
孤児で言葉も親も知らなかったため、ヴァイオレットという名前を陸軍仕官時代にギルベルトによって花の名前から名づけられた後、エヴァーガーデンという姓を後見人によってその一家のものを名づけられた。
ギルベルトのことを自身の命に代えても守りたいと思うほど、大切に思っている。
クラウディア・ホッジンズ
声 – 子安武人[2]
C.H郵便社の社長。大戦中はライデンシャフトリヒ国陸軍の少佐(アニメでは中佐)だった。ギルベルトとは士官学校時代からの親友。親から女性の名前をつけられたことを気にしているため、クラウディアと名乗ることを嫌っている。人好きのする性格で情に厚い性格。実家はライデンシャフトリヒにて商家を営んでいる。女性との付き合いは幅広くあるようだが、特定の恋人を持とうとはしていない。
引用元:ヴァイオレット・エヴァーガーデン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3

ライデン(蘭: Leiden Nl-Leiden.oga 発音を聞く[ヘルプ/ファイル]、レイデンとも表記する)は、オランダ南ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)。アムステルダムの南西36kmに位置する。オランダ最古の大学都市であり、画家レンブラントの生地である。日本ではシーボルトコレクションを所蔵する日本博物館シーボルトハウスや国立民族学博物館があることでも有名である。
引用元:ライデン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3

シャフト;schaft

名詞・形容詞・動詞などの語尾について、
性質や状態が集まって大きな1つとなったような意味合いをもちます。

たとえば、
●友達Freund + schaft = Freundschaft 友情

●知識Wissen + schaft = Wissenschaft 学問

●名人、チャンピオンMeister + schaft = Meisterschaft 選手権試合 などなど。
引用元:ドイツ語でよく「○○シャフト」という単語が耳に付くのですがどういう意味合いな… – Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1420416309

「lich」は多くの場合、形容詞を作ります。
英語の「ly」と同じ働きで、それ自体には意味はなく、単独では使用されません。

ただ、辞書に載っていない単語でも、
いろいろな名詞や副詞に「lich」をつけて形容詞を作ったり、
形容詞につけて「~っぽい」(赤っぽいなど)「~しやすい」(病気がちなど)という意味の単語を作ることが多いので、
そういう意味では、「lich」自体に意味があるともいえるかもしれませんね^^

■補足について■
lichにはマイナスイメージやプラスイメージはないです。

意味上重要なのは前に付く単語なので、
「病気がち(kraenklich)」「醜い(hasslish)」などはもちろんマイナスですが、
「辛抱強い(beharrlich)」「人望のあつい(ansehnlich)」なんかはプラスです。

「ABC順の(abclich)」なんていう本当に単純な使い方もしますし…

また、「子どもらしい(kindlich)」なんかは、
一般的にはプラスの意味(無邪気・天真爛漫)で使います。
「子どもっぽい」といったマイナスの意味ではないです。

なので、lichの使い方に慎重になる必要はないと思います。

ただ、lichに限らず、習慣的に悪い意味で使う場合もあると思うので、
辞書に載っている単語なら調べてから使った方がいいかもしれませんね。
(日本語では「子どもっぽい人」って言ったら悪い意味のことが多い、みたいなこと)
引用元:「リッヒ」の意味 – ドイツ語でよく出てくる ”リッヒ” とはどういう意味なん… – Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12103734917