小泉孝太郎、片岡愛之助、沢村一樹


次の人物を
『仮面ライダー』シリーズの
劇場版に出演したのが
古い順に選びなさい
小泉孝太郎 2005『仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』
松村雄基 2008『さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』
片岡愛之助 2014『仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』
沢村一樹 2016『仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』
0%

『劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』(げきじょうばん かめんライダーヒビキとしちにんのせんき)は、2005年9月3日より東映系で公開された日本の映画作品。特撮ヒーロー番組「平成仮面ライダーシリーズ」『仮面ライダー響鬼』の映画化作品である。同時上映は『魔法戦隊マジレンジャー THE MOVIE インフェルシアの花嫁』。

キャッチコピーは「伝説の鬼戦士、集結。古文書に記された、戦国時代の壮絶な戦い。」。

キャスト
キャスト面では、テレビシリーズでザンキ/仮面ライダー斬鬼役を演じた松田賢二が劇場版オリジナルライダーとして出演したほか、多数のテレビシリーズのレギュラー陣が戦国時代の別人物を演じている。

ゲストとしては、芸人の塚地武雅(ドランクドラゴン)や、主演の細川茂樹の友人である俳優の小泉孝太郎、タレントの安倍麻美が出演している。とりわけ塚地は仮面ライダーファンを公言し、本作品の特番では司会も担当した。カブキ/仮面ライダー歌舞鬼役には『仮面ライダー555』でゲスト出演経験がある松尾敏伸を起用。
引用元:劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88_%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E9%9F%BF%E9%AC%BC%E3%81%A87%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%88%A6%E9%AC%BC

『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』(げきじょうばん さらばかめんライダーでんおう ファイナル・カウントダウン)は、2008年(平成20年)10月4日より東映系で公開された日本の映画作品。特撮ヒーロー番組「平成仮面ライダーシリーズ」『仮面ライダー電王』の映画化作品3作目である。同時上映作品は『イマジンあにめ モモタロスよ永遠に-イマジン終着駅-/劇場版』。

キャッチコピーは、「最後の電王。未来の鍵は良太郎と―象!? これが俺達最後のクライマックス!」。

死郎 / 仮面ライダー幽汽 ハイジャックフォーム(声) – 松村雄基
引用元:劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88_%E3%81%95%E3%82%89%E3%81%B0%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E9%9B%BB%E7%8E%8B_%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3

『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』(げきじょうばん かめんライダーがいむ サッカーだいけっせん!おうごんのかじつそうだつカップ!)は、2014年7月19日より東映系で公開された、日本の映画作品。同時上映作品は『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』。

キャッチコピーは「絶対に負けられない夏がやってくる。」「全アーマードライダー 出陣!」「全アーマードライダー出陣! 禁断の“黄金の果実”を手に入れるのは誰だ!?」。

概要
特撮テレビドラマ『仮面ライダー鎧武/ガイム』初の単独劇場版作品で、前年よりも半月ほど前倒しして7月中旬に公開された。ほぼ同時期に2014 FIFAワールドカップが開催されるのを記念し、本作品ではJリーグとの協力の元、平成仮面ライダーシリーズの劇場版としては初めて「サッカー」を題材に取り入れたコラボレーション作品として制作されている。紘汰を演じる佐野岳がサッカー経験者であることに加え、鋼屋ジンの「変身してサッカーをする」という案[2]が採用され、物語のクライマックスでは白熱のサッカー対決が展開された。

コウガネ / 仮面ライダーマルス(声) – 片岡愛之助
引用元:劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯! – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88_%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E9%8E%A7%E6%AD%A6_%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%A4%A7%E6%B1%BA%E6%88%A6!%E9%BB%84%E9%87%91%E3%81%AE%E6%9E%9C%E5%AE%9F%E4%BA%89%E5%A5%AA%E6%9D%AF!

『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』(げきじょうばん かめんライダーゴースト ひゃくのアイコンとゴーストうんめいのとき)は、2016年8月6日より東映系で公開された特撮テレビドラマシリーズ『平成仮面ライダーシリーズ』の『仮面ライダーゴースト』の劇場版作品。

『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』と同時上映。

キャッチコピーは、「さよなら、オレ!」「命を燃やせ!ゴーストVS英雄 史上最大のラストバトル!」。

概要
『仮面ライダーゴースト』の初の単独劇場版作品。ストーリーはテレビシリーズと連動しており[2]、テレビシリーズ終盤では本作での出来事を踏まえたシーンが見られる[注釈 1]。

ゲストとして、アルゴス / 仮面ライダーダークゴースト役に木村了、深海大悟 / 仮面ライダーゼロスペクター役に沢村一樹が出演する[注釈 2]ほか、次回作『仮面ライダーエグゼイド』から仮面ライダーエグゼイドが映像作品での初披露(先行登場)を果たす[4]。

設定上は春の出来事とされているが、ラストシーンでは夏の行事である灯籠流しが催されている。時期的には矛盾しているのだが、監督を務めた諸田敏は「お客さんが映画を見るのは夏だから」と押し切ったという[5]。
引用元:劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88_%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88_100%E3%81%AE%E7%9C%BC%E9%AD%82%E3%81%A8%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E9%81%8B%E5%91%BD%E3%81%AE%E7%9E%AC%E9%96%93