コンクルシオ


漫画『ふらいんぐうぃっち』に
登場する喫茶店
コンクルシオ(答)
16%

『ふらいんぐうぃっち』(flying witch)は、石塚千尋による日本の漫画。『別冊少年マガジン』(講談社)にて、2012年9月号(2012年8月9日発売)[1]から隔月で連載中。

2015年8月にテレビアニメ化が発表され[2]、2016年4月より6月まで放送された。

見習い魔女の木幡真琴は、15歳になったら独立して家を出るという「魔女のしきたり」に従い、使い魔の黒猫チトと共に、実家の横浜から遠く離れた青森県弘前市にある又従兄弟の千夏・圭兄妹のいる一家に頼って、居候を始めることになった。魔女とは言っても、半人前の真琴に出来るのは、ホウキで空を飛ぶことだけ。真琴は一人前の魔女になるべく、魔女の修行に取り組んでいく。

魔女たちが好むという自然豊かな東北地方・弘前を舞台に、同級生の那央や先輩魔女の犬養との出会い、真琴の姉である茜との魔法修行、喫茶店「コンクルシオ」での椎名母娘や動物たち、さらには精霊や幽霊などの不思議な存在との交流を通じ、1人の若い魔女と彼女を取り巻く人々の騒々しくも穏やかな日常の風景が、淡々とコミカルに描かれる。
引用元:ふらいんぐうぃっち – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B5%E3%82%89%E3%81%84%E3%82%93%E3%81%90%E3%81%86%E3%81%83%E3%81%A3%E3%81%A1

石塚 千尋(いしづか ちひろ)は、日本の漫画家である。名前と作風で誤解されるが、男性である。青森県弘前市出身、弘前電波高等学校卒業、日本工学院蒲田校マンガコース出身(9期生)。
引用元:石塚千尋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%A1%9A%E5%8D%83%E5%B0%8B

コンクルシオ(conclusio)はラテン語で「結論」って意味だけど、ほかにも「封鎖(された場所)」とか「閉じこもる」って意味があるんだね #ふらいんぐうぃっち