ザンクティンゼル


ソーシャルゲームを原作とする
2017年1月より放送のアニメは
「GRANBLUE FANTASY The Anima
tion ◯◯◯◯◯◯◯◯編」?
ルクィテゼザンン
ザンクティンゼル(答)
25%

『グランブルーファンタジー』(GRANBLUE FANTASY)は、Cygamesが開発し[1]、Mobageが提供するスマートフォン向けソーシャルゲームである。公式の略称は「グラブル」、キャッチフレーズは「君と紡ぐ、空の物語」。

世界観とあらすじ
本作の世界は、空中に浮かぶ島々から成り立っており、島々は空を飛ぶ騎空艇(きくうてい)で結ばれ、それを操縦する騎空士達による冒険が盛んである。文明水準はおよそ近世世界のものであり、騎空艇などの突出した科学技術はかつて世界を支配した謎の種族・星の民が遺したものであるという。星の民は覇空戦争と呼ばれる事件によって姿を消したが、彼らが操った強大な自律兵器星晶獣はまだ各地に眠っている。空の民と総称される現在の住民は、人類とほぼ同じ容姿のヒューマン、角を持つ屈強なドラフ、獣の耳を持つエルーン、小柄なハーヴィンの四種族からなり、混住して共生している。また、魔法の力も星の民の技術とは別に古くから伝えられており、島々には様々な魔物が跋扈している[注 1]。

小さな島ザンクティンゼルで相棒のビィとともに育った主人公は、空の果てにあるという伝説の島イスタルシアへの冒険を夢見ている。故郷を出発するその日、覇権国家エルステ帝国に追われる少女ルリアと騎士カタリナが主人公の前に現れる。主人公はルリアを庇って瀕死となるが、少女の不思議な力によって一命をとりとめ、星晶獣を操るその能力を共有することになる。イスタルシアを目指す主人公とビィ、帝国の勢力圏から逃がれたいルリアとカタリナは、共に空の果てへと旅立つ。
引用元:グランブルーファンタジー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC

ザンクティンゼル。初めて見たとき、カンで「これはドイツ語だな!」って思いました。
英語以外で慣れない言葉を聞いたとき、語感でたまにピンと来る時ってありませんか?
調べてみるとどうやらドイツ語で当たりのようで、
Sankt(ザンクト)、Insel(インゼル)を繋げて読ませているようです。
意味は Sankt=「神聖な」、Insel=「島」ー神聖な島、となるわけですね。
公式サイトでもザンクティンゼルについては多くを語られておらず、
神秘を奉る島、という記述にとどまっています。
物語の上で大きな伏線になっているようです。
引用元:グランブルーファンタジーの世界に浸りつつ元ネタ探しの旅へ。:病弱ゲーマーは日々グラブル三昧。 – ブロマガ http://ch.nicovideo.jp/kiku-shisama/blomaga/ar713310