『ハンマーセッション』


ドラマ『半沢直樹』の脚本家と
して知られる八津弘幸が原作を
務めていた、かつて「週刊少年
マガジン」で連載された漫画は?
『ドラゴンコレクション』
『BLOODY MONDAY』
『新約「巨人の星」花形』
『ハンマーセッション』(答)
57%

八津 弘幸(やつ ひろゆき、1971年9月1日 – )は日本の漫画原作者、小説家、脚本家。日本大学芸術学部卒業。sacca(株)所属。

経歴
1995年 – フジテレビジョンのアシスタントプロデューサーとして1999年まで契約。
2000年 – 劇団方南組に参加する。
2000年 – 『勝負師伝説 哲也』でストーリー構成に関わる。
2007年 – 小金丸大和に代わり、『ハンマーセッション!』の原作を担当。
引用元:八津弘幸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E6%B4%A5%E5%BC%98%E5%B9%B8

『ハンマーセッション!』(Hammer Session!)は、原作:八津弘幸(31話までは小金丸大和)、漫画:棚橋なもしろ、原案協力:貴矢高康事務所による日本の漫画、またこれを原作としたテレビドラマ。 『週刊少年マガジン』(講談社)にて、2006年50号から2009年2・3合併号まで連載された。連載終了後、『マガジンSPECIAL』2009年6月号に番外編「EXTRA SESSION 栄冠は誰に輝く?の巻」が掲載、そして2009年7月より、小説版『ハンマーセッション!R(リターンズ)』も刊行された。

2010年、テレビドラマ化が決定し、それを受けて週刊少年マガジンで続編『ハンマーセッション! In High School』の連載が開始された。また、マガジンSPECIALでも2010年7月号から短期連載の別エピソード『ハンマーセッション! アカサギ編』の連載が開始された。

概要
逃走中の第1級詐欺師が、ひょんなことから教師・蜂須賀悟郎に扮し、詐欺師の知識を活かした衝撃的授業(ハンマーセッション)で生徒達の問題を解決していく教師漫画。なお、「ハンマーセッション」とは、メキシコ系ギャングの間で使われているスラングであり、新入りに対して「仕来りや掟を脳天に叩き込んで教える」という意味で使われ[4]、それが転じて「脳天に響く衝撃的な授業」という比喩表現である。

中学生の少年犯罪や家庭問題を主に取り扱っている。教師いびり、カツアゲ(恐喝)、いじめ(パシリ)、万引き、暴力(ハッピースラッピング)、教師と生徒が関係を持つ、養子縁組と知った複雑な思い、援助交際(ヤドカリ援交)、冤罪など。

また、劇中では法律や心理学などの雑学的な解説も多く描写されている。
引用元:ハンマーセッション! – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3!