柴田秀勝、内海賢二


アニメ『タイガーマスク』の
ミスターXと『プロゴルファー
猿』のミスターXは、同じ声優が
声を担当した
×(答)
54%

柴田 秀勝(しばた ひでかつ、1937年3月25日[1] – )は、日本の声優、俳優、ナレーター[2]、演出家。東京都台東区浅草田原町出身[3]。青二プロダクション所属[4]。RME株式会社代表取締役会長[5]。

その後、久保進(現:青二プロダクション会長)に「声専門のプロダクションを始めたいから、いっそのこと声優の専門家にならないか。」と言われ、声優になる[6]。1969年、久保らと共に青二プロダクションを設立。声優の本格デビュー作は同年放送の『タイガーマスク』のミスターX役だが、含み笑いで演じたところ、リズムに乗れたからか、た行で詰まる癖を克服できた。それからは精神的にも余裕が出来て、どんな役がきても大丈夫とのことで、ナレーションも請けるようになったと言う[6]。
引用元:柴田秀勝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B4%E7%94%B0%E7%A7%80%E5%8B%9D

内海 賢二(うつみ けんじ、本名:内海 健司〈うつみ けんじ〉[1]、1937年8月26日[2] – 2013年6月13日)は、日本の声優、俳優、ナレーター。賢プロダクション会長。

福岡県北九州市生まれ。テレビアニメ・洋画吹き替えに数多く出演し、渋い役柄からひょうきんな役、悪役まで幅広く演じた。テレビ番組やCMのナレーションでも活躍し、1980年代には長者番付に名を連ねた。血液型はA型。

交友関係
妻はテレビアニメ『宇宙エース』での共演をきっかけに知り合った、声優の野村道子。1984年に設立した声優事務所、賢プロダクションを共同で経営し、会長に就いた。息子は同プロダクション社長の内海賢太郎[9]である。賢プロダクションは元々、内海個人が中心となって自身その他のマネージメントを行っていたが、役者一本でやってきたため、経営に不慣れな内海は次第に過労のため、誰の目にも明らかなほどに憔悴した。それを見かねた役者仲間が野村に「賢坊だけじゃ無理だよ。助けてやりなよ」との助言をし、野村は移籍を決意。公私共に内海を支える片腕となった。妻とは劇場版『ドラえもん』で4度共演を果たしている。

八奈見乗児は九州時代の先輩であり、上京した内海は住むところがなく、新婚だった八奈見のアパートに転がり込んだ。『熱血カクタス』の主演だった柴田秀勝は自身の経営するバーの2階を内海の下宿に提供し、その上アルバイトのバーテンとして内海を雇った。内海は声優として駆け出しの頃に面倒を看たこの2人の先輩への感謝を忘れないという。

1985年

昭和アホ草紙あかぬけ一番!(一の瀬強力 / ブラックベアマスク)
プロゴルファー猿(ミスターX)
北斗の拳(ラオウ〈2代目〉[23])
引用元:内海賢二 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E6%B5%B7%E8%B3%A2%E4%BA%8C