時雨沢恵一


小説『ソードアート・オンライン
オルタナティブ ガンゲイル・
オンライン』の作者は
上遠野浩平である
×(答)
◯時雨沢恵一
100%

『ソードアート・オンライン』(Sword Art Online)は、川原礫によるライトノベル、およびオンライン小説。イラストはabecが担当している。公式略称は「SAO」。

作品中に登場するゲーム『ソードアート・オンライン』の詳細については本項VRMMORPGを参照。

メディア展開
2010年9月より、電撃文庫MAGAZINEで中村貯子[注 1]による漫画版と、南十字星によるパロディ4コマ漫画『そーどあーと☆おんらいん。』の連載が開始された。
2011年10月にはアニメ化とゲーム化が発表され、2012年7月から同年12月までテレビアニメが放送された。
2012年10月より、「アインクラッド」攻略に焦点を当てて、第1層から順に描いていく新シリーズ『ソードアート・オンライン プログレッシブ』(公式略称は「SAOP」)が刊行されている[注 2]。
2013年3月にバンダイナムコからIFの世界を舞台にしたPSP用ゲーム『ソードアート・オンライン インフィニティ・モーメント』が発売された。
2014年12月より、時雨沢恵一によるスピンオフ作品の『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』が刊行されている。
2016年6月より、電撃文庫MAGAZINEで渡瀬草一郎によるスピンオフ作品の『ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット』が連載が開始され、同年11月に単行本化された。
2016年8月、ハリウッドでのテレビドラマ化が決定したことが報じられた。
引用元:ソードアート・オンライン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3

SAOAGGO
そーどあーとおんらいんおるたなてぃぶがんげいるおんらいん

ライトノベル「ソードアート・オンライン」の第5,6巻「ファントム・バレット」のスピンオフ。著者は川原礫ではなく時雨沢恵一。

正式には「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(Sword Art Online Alternative Gun Gale Online)」
概要
「ソードアート・オンライン」第三章「ファントム・バレット」のアニメ化の際、銃器の監修を行ったのは、原作者の川原礫と同じく電撃文庫から著書を出版している、銃器に詳しい、ベテランライトノベル作家の時雨沢恵一であった。
その時の縁で「ファントム・バレットのスピンオフを書きたい」という時雨沢氏の要望を川原氏が快諾し、企画がスタートした。
そのため、銃器の描写が非常に細かく、原作(小説)の3倍以上の名銃・珍銃が丁寧な描写付きで所狭しと登場する。さらに3巻巻末には挿絵付きの解説まである。
引用元:SAOAGGO (そーどあーとおんらいんおるたなてぃぶがんげいるおんらいん)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/SAOAGGO