葬儀社、キャンサー化、ヴォイドゲノム


次のうち、2011年放送の
TVアニメ『ギルティクラウン』
に登場する用語を全て選びなさい
葬儀社(答)
キャンサー化(答)
ヴォイドゲノム(答)
王の能力(答)
ロスト・クリスマス(答)
アポカリプスウイルス(答)
エンドレイヴ(答)
42%

『ギルティクラウン』 (GUILTY CROWN) は、プロダクションI.G 6課制作による日本のオリジナルテレビアニメ作品、および、これを原作としたメディアミックス作品。フジテレビ系列「ノイタミナ」枠にて、2011年10月13日から2012年3月22日まで放送された。

企画経緯
本作誕生の経緯は、アニプレックスのプロデューサー大山良が、新作オリジナルアニメを構想中に、プロダクションI.G 6課のプロデューサー中武哲也と会った際、プロダクションI.Gサイドでも既存の自社イメージを超えるようなオリジナルアニメを構想している事を知り、「それならば」と共同で企画を立ち上げた事に端を発する。

この時点で「近未来が舞台」「遺伝子を題材にした超能力物」「男の子二人を主軸に据えた大河ドラマ」にしたいという案が出された。企画立案時よりノイタミナ枠での放送を想定しており、更に「ノイタミナにロボット物の要素を」という新機軸を盛り込む事になった[2]。

オリジナルの大作を作る際には企画に“エッジ”を立てる必要があるとの考えから、人気イラストレーターredjuiceがキャラクター原案に抜擢された。“現代性”や“新しさ”を備えた彼の絵ならば“この作品の世界観にフィットする”という事も大きな要因であった[2]。

ストーリー
西暦2029年。宇宙から飛来した未知のウイルス、通称〈アポカリプスウイルス〉の蔓延によって引き起こされた大事件「ロスト・クリスマス」から10年後の日本が物語の舞台である。荒廃し、無政府状態となった日本はアメリカ軍を中心とする超国家組織GHQの隔離統治下に置かれていた。

桜満 集(おうま しゅう)は世間やクラスメイトに対してどこか冷めた視線を向ける男子高校生で、神秘的な歌声を持つ謎の歌手楪いのりの熱心なファン。周囲との微妙な距離を保ちつつ平穏な日々を過ごしていた集はある日、お気に入りの場所である廃校舎でいのりと出会う。傷を負った彼女はレジスタンス組織「葬儀社」のメンバーというもう一つの顔も持っていた。集は、GHQから最高機密「ヴォイドゲノム」を盗み出した楪いのり、葬儀社のリーダー恙神 涯らと関わる中で「ヴォイドゲノム」に触れ、〈王の能力〉を宿してしまう。
引用元:ギルティクラウン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3

2029年、突如発生した“アポカリプスウイルス”の蔓延によって、「ロスト・クリスマス」という大事件が発生し、無政府状態となった日本は超国家間で組織された“GHQ”の武力介入を受け、統治下に置かれることになった。

「ロスト・クリスマス」から10年が経過した2039年。世間やクラスメイトに冷たい視線を向ける男子高校生・桜馬集は、周囲と距離を置きながら、平穏な日々を過ごしていた。そんなある日の放課後、集は憧れのネット上で絶大な人気を誇るアーティスト「EGOIST」のボーカリスト・楪いのりに出会う。実は彼女には裏の顔があり、“GHQ”から日本を開放するために戦うレジスタンス組織“葬儀社”のメンバーだった。

集は、いのりと“葬儀社”の首領・恙神涯との出会いを機に、彼らと関わることになるが、そんな最中に集の右手に“王の刻印”が現れる。その“印”により桜馬集は、人の身体から「ヴォイド」と呼ばれる物質を自在に引き出し、それを武器に闘う「王の能力」を得る。しかしそれはまた、彼が背負った“罪の王冠”の物語の始まりでもあった・・・・・・。
引用元:ギルティクラウンとは (ギルティクラウンとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3