真説


漫画『ボボボーボ・ボーボボ』の
第2部のタイトルは
『◯◯ボボボーボ・ボーボボ』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
しんせつ(答)
56%

018penlwQJREl
次のTVアニメと
オープニングテーマを歌った
アーティストの
正しい組み合わせを選びなさい
ボボボーボ・ボーボボ───ウルフルズ
コボちゃん───真心ブラザーズ
ポコニャン!───大事MANブラザーズバンド
引用元:アニメOPとアーティスト『ボボボーボ・ボーボボ』ウルフルズ『コボちゃん』真心ブラザーズ『ポコニャン!』大事MANブラザーズバンド https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/2263/

『ボボボーボ・ボーボボ』とは、週刊少年ジャンプ2001年12号~2007年31号で連載された、澤井啓夫原作のギャグ漫画、またはそれを原作としたアニメ作品である。
2006年19号からは、原作タイトルを『真説ボボボーボ・ボーボボ』に変更した。

なお、登場する主人公の名前でもあるが、これについては、ボボボーボ・ボーボボ(キャラクター)も参照。

概要
澤井啓夫の名を売り出す切っ掛けとなった作品であり、ドラゴンボール世代からワンピース世代にバトンタッチした所謂「ジャンプ第二世代」の作品の中に名を連ねる超大作。

多くの者が「ジャンプのギャグマンガといえばコレ」という認識を持っており、当時同時期に連載していた「ピューと吹くジャガー」と同時にジャンプギャグマンガ二大巨塔として崇める者も多い。

物語にはストーリーのそれっぽい伏線が登場したりするが、基本的にその場限りの設定で伏線が回収されることは全くと言っていいほど無い。
本来ならばファンにキレられるような行動だがそんなものはどうでもよくなるぐらいぶっ飛んだギャグによって人気になっている。

細かいことを考えるよりもノリを楽しんだほうがいい作品。
引用元:ボボボーボ・ボーボボとは (ボボボーボボーボボとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%9C%E3%83%9C%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%9C

『ボボボーボ・ボーボボ』は、澤井啓夫による日本のギャグ漫画作品。2000年に『赤マルジャンプ』・『週刊少年ジャンプ』(いずれも集英社)等に読切で掲載した後、2001年12号から2007年31号まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。略称は「ボーボボ」。独自の作風で人気を博し、単行本の累計発行部数は全28巻で700万部を突破している。また、アニメ化、ゲーム化、コナミよりカードゲーム化もされている。第2部(2006年3号より)からは、タイトルを『真説ボボボーボ・ボーボボ』に改名した。

概要
マルハーゲ帝国(アニメ版では放送コードの関係上マルガリータ帝国に変更されていた)に支配された西暦300X年の未来の地球を舞台に、マルハーゲ帝国の皇帝が自らの力を示すプロパガンダの為に、人類を丸坊主にするべく結成した毛狩り隊から、人類の髪の毛の自由と平和を守る為、鼻毛真拳の使い手であるボボボーボ・ボーボボが戦う不条理ギャグバトル漫画である。

本作品の特徴は、バトルによってストーリーが進行し、主人公の仲間が増えていくスタイルを取りながら、そのバトルが全て奇想天外な言語芸や、作者が幼少年期を過ごした1980年代から1990年代初頭の事象のパロディなどを中心としたギャグによって成り立っている点である。またギャグ漫画としても「各話の終わりにオチらしいオチがほとんど無い」というストーリー漫画風の異色の展開を見せている。「何でもやって笑わせる」というギャグのスタイルなので、作中では「理不尽な暴力・出血、非人道的な言動」が多い(一応ギャグとして扱われている)。

「真説」に変わって以降話数表記が「奥義」から「真説」へと変更され、話数・コミックスともに1話・1巻から仕切り直されている(本誌では当初「真説」以降も前シリーズからの通算カウントで表記されていたが「真説15」以降は新カウントになっている)。

漫画版では他作品のパロディ(主なところでは、『ドラゴンボール』『キン肉マン』『北斗の拳』『ジョジョの奇妙な冒険』『魁!!男塾』『遊☆戯☆王』(作者公認)等)、またプロレスネタやファミコン系のゲームのネタも多い。また、同時期にりぼんに連載された『GALS!』のパロディが一部のエピソードで登場した。
引用元:ボボボーボ・ボーボボ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%9C%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%9C