クマトラ


ゲーム『MOTHER3』の
ヒロインである
オソヘ城のお姫様は?
クマトト
ダランス
リスター
クマトラ(答)
37%

クマトラ
くまとら

RPGゲーム・『MOTHER3』に登場する仲間キャラクターでありヒロイン。

概要
タツマイリ村の外れにある古城・オソヘ城のお姫様。
泥棒親子のダスターとウエスの主君であるが、ダスターとは2章のオソヘ城で会うまで互いに面識はなかった。一人称は「オレ」な男勝りな少女(の為かHPが歴代の女性エスパーより高め)で、これは育ての親が男でもなければ女でもないと呼ばれるマジプシーのイオニアの影響のため。
でも女の子らしい一面もいろいろあり、他のキャラクターの台詞からかなりの美少女である事が伺える。うっふん。
一方で自分がオソヘの姫である事を疑問視しており、「自分は本当は姫ではなく、誰にも愛されていないのではないか」というジレンマを心の奥に抱えている。
また彼女は仲間想いであり、第2章のラストでダスターを侮辱したブッチに対し激怒したり、ヨクバに虐げられたサルサを救出したりしている。
引用元:クマトラ (くまとら)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%A9

『MOTHER3』(マザースリー)は、2006年4月20日に発売された任天堂のゲームボーイアドバンス用のコンピュータRPG。日本国外では未発売。

リュカ
フリントとヒナワの息子で、クラウスの双子の弟。金髪。第4章以降の主人公。ネーミング時の説明文は「ふたごの おとうと やさしい おとこのこだ」。
専用武器は棒。サウンドバトル時の音はギター。

クラウス
フリントとヒナワの息子で、リュカの双子の兄。茶髪。ネーミング時の説明文は「ふたごの おにいさん げんきな おとこのこだよ」。
活発な性格で少しあわてん坊。早起きしてリュカよりも早く外で遊ぶ。機械と合成された生物・メカキマイラの「メカドラゴ」を倒そうと1人で家を飛び出し、途中で出会ったマジプシー・エオリアからPSIを教わるが、それ以降、消息を絶つ。
後に、行き倒れていたところをブタマスク達によって拾われる。その体はメカキマイラ「仮面の男」に改造されて蘇り、かつての記憶は失われてしまう。

フリント
リュカとクラウスの父親で、ヒナワの夫。茶髪でいつも帽子を被っている。第1章の主人公。ネーミング時の説明文は「つよくて やさしい たよれる おとうさんだ」。
動物の言葉を理解し会話できる能力を持っている。トマス曰く「むこうみずなナイスガイ」であったが、身内の不幸をきっかけに心を閉ざし、墓参りと行方不明のクラウスの捜索を繰り返すだけの生活を送るようになってしまった。かつては村人たちから厚い信頼を受けていたが、変わり果てた彼の姿を見て次第に気持ちが離れていった。しかしライタやニッポリートなど一部の村の人々は彼を心配し続けている。

クマトラ
オソヘ城のお姫様。赤髪。ネーミング時の説明文は「つよくて かしこい おとこまさりの おんなのこ」。
典型的な男勝りで、一人称は「オレ」。がさつな言動の一方で、見ず知らずのサルサを助けたり、仲間との出会いにロマンチックなものを感じていたりと、優しさや女の子らしさも見せる。マジプシーのイオニアが育ての親であり、ダスターの父・ウエスはかつて彼女の養育係だった。普段は強気な反面、「自分は本当にお姫様なのか」「本当は誰にも愛されていないのでは」と思い悩んでいる。
引用元:MOTHER3 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/MOTHER3